AppleのAirMacエクストリームは、5GHzを使うのに設定が必要

公開日 2017-12-16 最終更新日 2021-04-05

Wi-Fiには2種類の無線電波帯域があります。
2.4GHzと5GHzです。

2.4GHzはルーター以外に、電子レンジやコードレスフォンなどの電波にも使われています。
なので混雑したり不安定になったりすると言われています。
それに引き換え5GHzは、ルーター以外では使われていません。
なので電波干渉が少なく、安定していると言われています。

この2つのどちらがいいかは、使っているネット環境によります。
一見すると5GHzの方が良さそうですが、2GHzの方が障害物には強いんですね。
ルーターから別の部屋へ壁や家具をまたいで使う場合は、2GHzの方がつながりやすいケースもあります。

SPONSORED

AppleのAirMacエクストリームは、5GHzを使うのに設定が必要

自分はアップル社のAirMacエクストリームというルーターを使っています。

これまでは特に設定せずとも、放っておいても5GHzにつながっているものだと思いこんでいました。
電波干渉の少ない5GHzがデフォルトで選ばれていると思ったんです。

ところが調べてみると、全然そんなことはありませんでした。
5GHzへつなげるためには、MacからAirMacを設定しないといけなかったのです。

参考
【AirMac】超高速 802.11ac を利用するための 5GHz 帯域使用設定方法 〜iPhone と Mac からの設定〜

いやー、思い込みというのは本当に危険です。
ネットの情報を見ながらルーターの設定を行い、無事、5GHzを利用できることになりました。

すると当然のことながら、速度は一気に上昇。
これをやるのに掛かった費用は0円です。
単純な話、ただ設定をしていなかっただけで、低い速度のまま長期間使っていたことになります。

このように、知らないまま使って損をしているみたいなことは、まだまだ身の回りにありそうです。
同じようなものがないか気をつけたいと思います。

さらにIPv6で速度アップ

Wi-FiをIPv6にすると、さらに速度がアップしました。
OCNのIPv6の設定方法を以下に書きました。

SPONSORED