オーディブルの登録や解約方法、使い方を解説。無料体験で一冊聴ける

公開日 2021-07-10 最終更新日 2021-07-17

Amazonのサービスの1つに、オーディブルがあります。
オーディブルとは、ネットからダウンロードして聴けるオーディオブックです。
Amazonやオーディブルのサイトから聞きたい本を購入すると、専用アプリで聴くことができます。

無料体験を利用して聞いてみたら、移動時間や作業中に本を読めて良い感じでした。
時間を効率よく使える感触があります。
そこでこの記事では、オーディブルの登録や解約方法、アプリの使い方など詳しく解説します。

SPONSORED

オーディブルとは

オーディブルは、1995年にアメリカでサービスがスタートしました。
アメリカは国土が広く車移動の時間が長いため、オーディオブックの需要が昔から高いです。
オーディブルがAmazon傘下に入ったのは、2008年のこと。
その後、Kindleの本をオーディブルで聞けるサービスを2012年から開始しました。

オーディブルが日本に参入したのは2015年です。
以来、会員価格が月額1,500円のオーディオブック・サービスとして、認知されています。
日本のオーディブルで購入できるコンテンツは、現在40万冊以上あります。
その大部分が洋書(特にアメリカの書籍)で、日本の書籍は約1万8000冊です。

ラインナップはベストセラーが中心

オーディブルは、プロのナレーターが書籍を朗読します。
一冊の朗読時間は、長いもので10時間を超えます。
当然ながら通常の本以上に手間が掛かるため、出版しているすべての本をオーディオブック化するのはコスト的に難しいでしょう。
そのためオーディブルで聞ける日本の書籍に、あまりマニアックなものはありません。
ベストセラーもしくはそれに近い、人気タイトルが揃っています。

人気書籍が多いため、おそらくですがオーディブルのラインナップを見ると、「以前から読んでみたかった」と思う本があると思います。
どんな本でもオーディブルにあるわけでないですが、ハズレを引く確率も少ない。
それがオーディブルの特徴のひとつと言えます。

オーディオブックを聞くメリット

日本ではオーディオブックを聞く人が、それほどいないイメージです。
活字ではなく耳で内容を頭に入れるオーディオブックには、いくつかメリットがあります。

  • プロの朗読で本の内容がすんなり入ってくる
  • 車の運転や作業している時間を有効に使える

プロの朗読で本の内容がすんなり入ってくる

オーディオブックは、プロのナレーターや声優が本の朗読をします。
Kindleの書籍ならスマホやタブレットの音声読み上げ機能で聴けますが、それらはあくまでも機械の音声。
抑揚のないコンピューターっぽい読み方なので、苦手な人がいるでしょう。
内容も今ひとつ入ってこないと感じるかもしれません。

しかしオーディブルはさすがプロが行う朗読だけあり、感情を込めた良い声で読み聞かせてくれて、内容が頭の中にすんなり入ります。

車の運転や作業している時間を有効に使える

車の運転をよくする人や毎日家事をする人は、オーディオブックに向いています。
手と目を使って作業しているときは、本を読めません。
しかし、耳は空いています。

空いている耳で音楽を聞いたりYouTubeを流したりできますが、最も時間効率高く情報取得できる方法は、オーディオブックです。
通勤や料理中にオーディオブックを聞けば、作業しながら書籍ならではの濃い情報を得たり、物語を体験したりできます。

オーディブル会員の特典とは。無料体験で一冊聴ける

オーディブルに対応した書籍は、会員登録せずともAmazonで購入できます。
しかし欲しい本が一冊だけでも、オーディブルに会員登録したほうが断然お得です。
月額1,500円のオーディブル会員の特典は、以下の6つ。
1つずつ詳しく解説します。

  1. 毎月1コイン付与される(1コインで好きなオーディオブックをダウンロード可能)
  2. 登録されているポッドキャストが聴き放題
  3. オーディブルが指定するボーナスタイトルを無料ダウンロード可能
  4. Amazonで販売されているオーディオブックを30%オフで購入できる
  5. 返品サービスを利用できる
  6. 新規会員登録は、30日間の無料体験がついてくる

1. 毎月1コイン付与される(1コインでオーディオブックを一冊ダウンロード可能)

オーディブルに会員登録すると、毎月1コインもらえます。
1コインで、一冊のオーディオブックと交換可能です。
交換する本の価格に、上限はありません。

Amazonのオーディオブックの価格は、多くが3,000円以上です。
そのため月額1,500円の会員であれば、単純に毎月1,500円ほどがお得になります。
一冊だけコインと交換して退会したとしても、購入したオーディオブックはライブラリに残り、聞き直すことが可能です。

ちなみに毎月もらえるコインの有効期限は、発行日から6カ月間。
その月に、無理やりコインを使う必要はありません。
ただし解約すると、貯めておいたコインはなくなってしまいます。
解約する際には、所持しているコインをすべて書籍と交換してからにしましょう。

2. 登録されているポッドキャストが聴き放題

会員になると、オーディブルに登録されているポッドキャストが聞けます。
しかも、追加料金無しの聞き放題です。

オーディブルのポッドキャストには、英語学習・ビジネス・お笑い・時事ネタ・癒やしなど、多数の種類が揃っています
中にはオーディブルだけで聞ける、オリジナルもあります。
オーディオブックは購入すれば非会員でも聞けますが、オーディブルのオリジナルポッドキャストを聴けるのは会員だけ。
これはオーディブル会員の、大きな特典の1つと言えます。

3. オーディブルが指定するボーナスタイトルを無料ダウンロード可能

オーディブルは、毎月1冊のボーナスタイトルをリリースしています。
ボーナスタイトルとは、無料でダウンロードできるオーディオブックのこと。

ボーナスタイトルが自分の聞きたいジャンルであればラッキーですし、興味ないジャンルでも「無料だから」と聞いてみたら思わぬ発見があるかもしれません。
すぐに聞かないまでも、とりあえずダウンロードしておくとよいでしょう。
会員登録を解除したあとも、アプリのライブラリに残ります。

4. Amazonで販売されているオーディオブックを30%オフで購入できる

オーディブルに会員登録すると、Amazonのオーディオブックをすべて30%オフで購入できます。
もし月に何冊もオーディオブックを買うなら、会員登録しないと確実に損です。

オーディオブックはプロのナレーターが数時間に渡り朗読するため、一般の書籍以上にコストが掛かっています。
そのため一般書籍よりも、価格が高いです。
しかし会員特典の30%オフなら、3,000円のオーディオブックが2,100円に。
書籍と比べ、それほど遜色ない価格で購入できます。

5. 返品サービスを利用できる

会員の大きな特典として、返品のメリットがあります。
月に付与されるコインは1枚ですが、返品すれば消費したコインは復活します。
返品の条件は、購入から365日以内であること。
すべて内容を聴き終わったあとでも、返品は可能です。

ただAmazonとしては、「返品は、あくまでも内容が想定と異なっていた場合のみ」としています。
そのためブラウザ上で返品処理できる冊数には制限があり、それを超える場合はカスタマー・サービスへ問い合わせが必要です。

返品のやり方

オーディブルの返品は、オーディブル専用サイトから行います。
トップページから、以下の手順で購入履歴へ進みます。

アカウントサービス → 購入履歴(返品)

返品したい本の右にある、「返品する」をクリック。

オーディブル

ポップアップ・ウインドウの「返品する」をクリックして完了です。

オーディブル

6. 新規会員登録は、30日間の無料体験がついてくる

オーディブルの会員登録がいくら魅力的でも、すぐに月額1,500円を払うのはためらいがあります。
そこでオーディブルでは、新規会員登録に30日間の無料体験を設けています。

無料体験中は、通常の会員特典がすべて与えられます。
1コインを付与され、ポッドキャストが聴き放題に。
ボーナスタイトルのダウンロードも可能です。

無料体験中に会員登録を解除しても、ダウンロードしたオーディオブックはアプリのライブラリに残ります。
Amazonのオーディオブックで聞きたいものがあれば、まずは会員登録し、与えられる1コインで無料購入するのが良いと思います。

オーディブルの登録や解約方法、使い方を解説

ではここから、オーディブルの会員登録の方法を解説します。
紹介している画面はスマホですが、パソコンでも同じです。
まずはAmazon内のオーディブルのページへ行きます。
「最初の一冊は無料。今すぐ聴こう。」のボタンをタップ。

オーディブル

次ページの、「最初の一冊は無料。今すぐ聴こう。」をタップします。

オーディブル

Amazonにログインしていなければ、次画面でログインを求められます。
ログイン後にクレジットカード情報を入力し、「30日間の無料体験を試す」をタップすれば登録完了です。

オーディブルのアプリの使い方

オーディブルを聞くには、専用アプリのダウンロードが必要です。
アプリにはiOSとAndroid版があり、いずれも無料。

Amazonオーディオブック - オーディブル

Amazonオーディオブック – オーディブル

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

Amazonでオーディオブックを購入すると、アプリのライブラリにタイトルが出現します。

オーディブル

表紙の画像をタップすると、書籍のダウンロードがスタートします。

オーディブル


オーディオブックは6時間〜10時間の音声データのため、データ量はかなり大きいです。
モバイルの容量が心配な場合は、Wi-Fi環境でのダウンロードをおすすめします。
ダウンロードがすべて完了せずとも、「再生できます」の表示が出れば聞き始められます。

朗読スピードの調整

再生中の細かい設定が可能です。
下の一番左のボタンをタップすると、朗読スピードを0.5倍速〜3.5倍速まで調整できます。

等倍速は普段の会話のスピードより、かなりゆっくりしています。
聞き慣れてくると、1.8〜2倍速くらいがちょうどよいかなと思います。

目次の表示

下の左から二番目のボタンをタップすると、書籍の目次が表示されます。
画像資料のある場合は、目次の上にリンクが出ます。

スリープタイマー

下の左から3番めのボタンをタップすると、スリープ設定ができます。

通常の本で、スリープタイマーを掛けることはあまりないかもしれません。
例えば寝る際にヒーリング系の朗読をスリープで掛けると、寝付きが良くなりそうです。

ブックマークの登録

下の一番右のボタンをタップすると、ブックマークできます。

オーディブル

オーディオブックは理解できない箇所であっても、朗読を待ってはくれません。
停止ボタンを押さない限り、時間とともに流れていきます。
あとで聞き直したい箇所は、ブックマークしておくと良いでしょう。

ドライブモード

上部右の車のマークをタップすると、ドライブモード表示に切り替わります。
ボタンが「再生・停止、巻き戻し、ブークマークを追加」の4つだけになり、表示も大きくなります。

オーディオブックは、車を運転しながら聞く人もいると思います。
ドライブモードを利用して、タップ操作をしやすくしましょう。

さらに詳細な設定

右上のハンバーガーメニューをタップすると、設定画面に移ります。
早送りと巻き戻しの秒数は、「プレーヤー設定」で変更できます。

解約の方法

無料体験でオーディブルを聞いてみて、「自分には合わないな」と思ったら無料期間内に解約しましょう。
指定期間を一日でも過ぎると、月額1,500円が自動課金されます。

解約はパソコン版のオーディブルの専用サイトへ行き、以下の手順で進みます。
(スマホで操作する場合は、スクロールの一番下にある「PCサイト」をタップして、パソコンの表示画面にしてください)

アカウントサービス → アカウント情報 → 退会手続きへ

次のページの「このまま退会手続きを行う」をクリックします。

次ページで退会理由を選び、「次へ」をクリック。

オーディブル

次ページの「退会手続きを完了する」をクリックして完了します。

オーディブル

解約すると、それまで所持していたコインがすべてなくなります。
コインを持っていたら、解約前にすべてオーディオブックと交換してしまいましょう。

まとめ

音楽をはじめ、YouTubeやボイシーなど、耳から情報取得できる手段はたくさんあります。
中でもオーディオブックの良さは、書籍ならではの情報密度の濃さです。
しかもプロのナレーターが朗読するため、聞くこと自体が体験として心地よいです。
聞いてみたいオーディブルをAmazonで見つけたら、無料体験を利用してみてください。

読み放題サービスのKindle Unlimitedのメリット

Amazonの本に関するサービスと言えば、Kindle Unlimitedがあります。
以下の記事で、Kindle Unlimitedのメリットを書きました。

SPONSORED