どっちつかず

雪と手水舎

北陸らしくどっさりと雪が降りました。写真は立ち寄った神社です。手水が凍っていました。

雪が降ると、移動が億劫になるからあまり積もってほしくないなーと思いつつ、すぐに溶けるとさみしくなるというどっちつかずの感情になります。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です