年末の大きな出来事

2012-12-28 20:12

年賀状

 

 

年賀状が書けた!と喜んでいた日にとても大きくショックなニュースが飛び込んできました。メジャーリーガー松井秀喜選手の引退です。

 

多くの日本人が彼の引退に驚いたかもしれませんが、石川県に生まれ、住み、そしてほぼ同世代の自分(たち)は、この出来事に一層特別な感情を持ってしまいます。松井が甲子園で5敬遠を受けすべての打席で歩かされたとき、自分は金沢駅の待合室に設置してあった大きなテレビでその光景を見ていました。今のように豪華に改装される前のおよそ綺麗とは言いがたい空間で、すごい数の人々がテレビを見、熱気と効きの悪いクーラーで暑かったです。松井が歩かされるたびに周りのおっちゃんたちがやじを飛ばしていました。

 

「甲子園ですべての打席を敬遠されるなんて、全打席ホームランを打つより難しいんじゃないか?」そんな5連続敬遠を地元石川の高校生が受けている。そして感情を表に出さずに淡々と一塁へ進む松井。同県で2つ年下という身近であるはずの存在がとても遠い存在に映り、不思議に思えました。

 

以来松井の名は全国に響き渡ります。巨人、ヤンキースとステージを上げていき松井を賞賛する声を聞くたびにとても誇らしく、嬉しくなったものです。松井の活躍にいつも勇気づけられた!といった通り一遍の感情は持ちませんが、嫌なことがあった日でも松井がホームランを打ったと聞けば、心が一瞬、ぱっと晴れやかになりました。

 

スポーツ選手にとって引退は宿命なので松井もいつか引退することは決まりきったことではあるのですが、なぜか松井はいつまでも現役でいるようなイメージがありました。「今年は調子が悪いだけで来年はまた爆発するだろう」ここ数年はそんなことを漠然と思いながら観ていました。

 

引退のニュースがネット上を駆け巡りその記事の一つ一つを読み、「ああ、そうだよな、年齢的にいつ引退してもおかしくなかったんだ」と改めて思っています。甲子園で5敬遠を受け、淡々と一塁へ進んでいった高校生。20年余りの時間をかけ野球界において凄まじい地点にまでたどり着き、力尽きてバットを置きました。

 

こんな映画のようなストーリーの主人公が自分と同県出身で同世代ということを20年余り経ったいまでも不思議に思います。

 


Category:生活

tags:



«
»