フジロックの魅力

2013-07-30 21:36

フジロック2013-1

 

 

このような記事をしたためたりもしておりましたが。。行ってきました、今年も、フジロックに。7月28日(日)に元々入っていた予定がキャンセルとなり、「あー、フジロック最終日に行けちゃうなー」と思っていたらいつのまにかチケットを買ってました。ああおそろしや。

 

それでも、前日も前夜も、道中の高速道路も、そして入場ゲートをくぐってさえも特にワクワク感はなかったです。「もう慣れたもんだよな、ワクワクもしなくなってるな」と覚めた自分がいましたが、朝一、グリーンステージ隅に腰掛けてるともうダメです。毎朝グリーンステージがはじまる前に流れる「田舎へ行こう!」が耳に入るともうダメです。だーっと急勾配を駆け上がってテンションが一気に上がります。

 

 

フジロック2013-2

 

 

一年に一回しか行われないのに、ここにくると「戻ってきた」感覚になります。「田舎へ行こう!」が流れた途端、自分の身体の回路がフジロックモードに変わります。ついさっき到着したばかりなのに、なんだか、毎日ここで音楽を聞いているような、ここが自分の居場所のような感覚になります。

 

リストバンドをしていないと入れない、完全にクローズされた場所なのに世界中に向けて開かれた気持ちになります。普段いろんなことを考えて行き詰まったり悩んだりしている脳みそは、頭がぱかっと開いてそんななんやかやがフワフワと空に舞っては消えていきます。不思議です。

 

フジロックの何がいいの?と質問されると結構困ります。
・遠いし
・めちゃくちゃ歩くし
・山道だし
・雨は必ず降るし
・泥だらけになるし
・人がめちゃくちゃ多いし
・半端なく疲れるし
・虫はいるし
・結構チケットは高いし
とぶっちゃけ何がいいんだかよくわかりません。

 

 

フジロック2013-3

 

 

フジロック2013-4

 

 

もし自分がフジロックに行ったことがなくて、こんな説明を受けたらとてもじゃないけど行きません。罰ゲームです。それでも、「SEE YOU NEXT YEAR!!」の文字に見送られて帰途につき、金沢へ帰り、日常に戻ってからもずっと耳にフジで聴いた音楽が鳴っています。

 

 

フジロック2013-5

 

 

とんでもなく過酷できついフェスだけど、金沢へ帰ってからというもの、また苗場に「戻りたく」なっています。あー、早く来年にならんかな。今年も行けて本当によかったです。

 


Category:映画・音楽・本

tags: ,



«
»