決して変化を恐れてはならない

今年も今日で終わりです。 親指シフトの話を書いた後に、独立していなくて会社勤めのままだったとしても親指シフトに挑戦していたかな、と考えました。おそらく自分はしていなかったでしょう。 会社に所属していても日々エネルギッシュに活動して、常に変化を求めている人をたくさん知っていますが、自分はそんなことはありませんでした。変化することを怖がり、いつも通っている同じ風景を疑問に思うことなく歩いていました。変…...

宿題

昨日、ようやく年賀状を書き終わり投函してきました。この時期に自営業をしている人と会うと、お約束のように「年賀状終わった?」と言い合います。小学生が夏休みに、「宿題終わった?」と聞き合うのと同じように、大学生が友達に「レポート終わった?」と探りを入れるのと同じように、自営業者にとって年賀状(と確定申告)は、やっかいだがやらねばならぬ、気の重い宿題のようなものです。 会社勤めをしているころは、こんなに…...

2014年のできごと

いよいよ年も押し迫ってきました。今年一年、個人的に色々なことがありました。特に大きかった出来事は以下の3つです。 1 親指シフトを覚えた 2 引っ越しをした 3 一眼動画をはじめた 2と3は特に説明は不要でしょう。親指シフトについては初めてその名称を聞いた人も多いかと思います。 親指シフトとはキーボードの打鍵方法の一つです。ワードプロセッサーの開発が盛んだった1979年に、富士通が独自開発した打鍵…...

ディスプレイへの投資 27インチiMac Retina 5K

年末のばたばたが落ち着くのを見計らって、新しいMacを購入しました。iMac Retina 5Kディスプレイモデル です。安いものではないので、昨日の話のように買いたがる感情を理性でたしなめつつ、必要かどうか検討を重ね、結局買うことにしました。 それまでは、MacBook Proを27インチのCinema Displayにつなげて作業をしていました。大きいサイズのディスプレイは、作業効率を劇的に改…...

アクセルとブレーキ

おもしろかった本の紹介です。堅くて恐縮ですが、大前研一の「日本の論点 2015〜16」です。 タイトルの通り、日本が抱えている様々な問題をざっくり紹介・解説して、著者なりの解決策を書き記してあります。もちろん「日本たいへん!」といった危機感を持つという視点で読んでもよいのですが、何よりも国単位でのコンサル経験を持つ著者の、「この問題の根源はここだ。それを解決するためにはこうだ」という問題解決の思考…...

4年目の誓い

今日で仕事納めのところが多いようです。時流に乗ってブルーデザインも、とりあえず今日で今年の通常業務を終了にしようと思います。仕事始めはブルーデザイン総勢2名、各自適当にお願いします。(業務連絡) ところで気がついたら、独立して3年以上が経っていました。あっという間な気がしますが、そうでもない気もしています。よくもまあやってこれたな、というのが正直な感想です。 最初の頃は暇な日が多かったです。不思議…...

12月25日

ふざけすぎたので年賀状を若干やり直しました。年末の忙しいときにデザイナーに余計な負担を掛けるというミニ惨事をやらかしつつ、今日は12月25日。今年もあとわずかです。...

本屋へと

Kindleが登場してから、本を電子版で読む人が増えてきたのではないでしょうか。というか、自分がそうでした。電子版のいちばんの利点は物理的な場所を取らないことです。文庫本といえどもまとまった数になれば本棚を圧迫してきますし、いわんや単行本をや、です。 一時期は所有すること自体に魅力を感じて、死ぬまでに二度と読み返さないような本であっても、きれいに本棚に並べていました。それが、タブレットの登場でがら…...