宿題

2014-12-30 8:15

昨日、ようやく年賀状を書き終わり投函してきました。この時期に自営業をしている人と会うと、お約束のように「年賀状終わった?」と言い合います。小学生が夏休みに、「宿題終わった?」と聞き合うのと同じように、大学生が友達に「レポート終わった?」と探りを入れるのと同じように、自営業者にとって年賀状(と確定申告)は、やっかいだがやらねばならぬ、気の重い宿題のようなものです。

 

会社勤めをしているころは、こんなに年賀状に追い込まれた記憶はありません。自営業となった今とでは何が違うのだろうと考えると、いちばんは「会社勤めの場合はデザインがすでに決まっている」ということがありました。

 

会社が作った年賀状なので、どんなにダサかろうがデザインのセンスに対して社員に責任はありません。12月中旬には手元に社名入りの年賀状が配られ、文句を言いながらも粛々と宛名を書いて終わらせることができます。

 

しかし自営業はそうはいきません。肝心のデザインを自分で決めねばならないのです。自分でデザインするのか、はたまた外注業者に頼むのか、書店などに売っているテンプレートを利用するのか。まず最初にそういった選択があり、そのうちのどれかを選んだ後もではどういったデザインにするのか、文言は何にするのか等々、宛名書きに辿り着くまでが果てしない道のりです。

 

往々にして自分たちの仕事は後回しになりますので、優先度の高い仕事に取り掛かり年賀状のことを棚上げにしていると、知らないうちに12月中旬ごろになってしまい、てんやわんやの状態で早急に決めなければならない状況に追い込まれ、そんな際に同じ自営業者と顔を突き合わせると「年賀状終わった?」とつい聞いてしまうというわけです。

 

ということで、昨日(12月29日)年賀状を出しましたので、元旦には届かないかと思われます。関係各位様、よろしくお願いいたします。

 


Category:生活

tags:



«
»