幸福感アップの方法

最近読んだ本で、なるほどなと思ったことがあった。ある調査によると、過去や未来のことより「たった今」のことだけを考える方が、幸福感が向上するとのことである。 例えば朝、会社までの道すがらではどんなことを考えるだろう。おそらく多くの人は会社に着いてからやらなくてはならないことを考えるだろう。考えが進めば今日だけでなく今週やらなくてはならないことが頭をよぎり、今期にやらなくてはならないこと、来年やらなく…...

複雑になる理由とは

なぜ物事は複雑化してしまうのか、の続き。 思うに個人の場合は、計画を立てずに場当たり的に行動することが一番の原因ではないかと思った。しかしそれはしょうがないことで、行動のすべてをきっちりと計画してやっていくことなど不可能である。単純にそんなことは面倒でやってられないということもあるし、不可抗力な事態が発生して計画が変更・頓挫することもある。 なので、個人の場合はやればやるほど複雑化するのを半ば黙認…...

渡辺美里の詩の力

なぜだかわからないけれど、急に、高校生のころに聴いていた渡辺美里の『ribbon』というアルバムを聴きたくなった。こういうことは音楽に限らず、漫画でも映画でも小説でもたまにある。昔、目や耳にしたものへ急に触れたくなるのである。理由はわからないが。 それで早速、iTunesで探してみてダウンロードしてみることにした。メロディの力というのはすごいもので、最初の曲の出だしを聴いただけでアルバム全体を思い…...

頭と体と心はつながっている

ジムに週2日から3日ぐらいの割合で行っている。最初のうちは一生懸命に筋トレをがんばっていた。継続して通っているうちに、少し筋肉がついてきて体重がアップしてきた。成果が数字として見えてくるとモチベーションは持続する。自分なりに目標を作って励んでいた。 それがある期間に仕事がすごく立て込んで、2週間ぐらい行けない期間ができてしまった。そうなると苦労して作った筋肉は見事にしぼんでしまい元通りの体になる。…...

Surface3 はいかほどか

先日発売された、マイクロソフトのSurface3の調子が良いようだ。ネット界隈のイノベーターの意見を拾ってみると、ほとんどの人が手放しに褒めている。 同じく先日発売された MacBook や iPad との比較記事が多いようである。Surface3 はPCとタブレットの両方の機能を備えているので、まあ当然といえば当然の話である。 それでペンタブの使いやすさや媒体そのものの完成度、処理の速さなど色々…...

なぜ物事は複雑化してしまうのか

シンプルに考えてシンプルに行動していく。これが結局は一番時間がかからないし成果も出せる。結果、利益も出せると思っている。五手間かかる仕事があるすれば、二手間ぐらいは必ずやらなくていい無駄なことをやっている。シンプルにするというのは、この二手間を怖がらずに削いでいくということである。 しかしただ文字に「シンプルにする」と書くのは簡単だけれど、これほど実行に移すのが難しいと感じることもないように思う。…...

結局、シンプルが一番速い

唐突だが、仕事というのは「仕える事」と書く。その言葉の通り、仕事においては「自分のやりたいように好きな時間にやれる」ということは基本的にない。締め切りだとか内容や予算の制限など色々な制約が発生する。自由が制限されているから「仕事」なのである。 誰しも自由な状態でなければ窮屈に感じるし嫌なものである。なので多くの人はその制約の中で、一番自分が心地よくできるポジションを考えたり、作業時間を短縮するため…...

再び初動負荷の話

ぼちぼちと暑い日が続くようになってきたので、クーラーを掛けて生活するようになってきた。割りと知られている話だと思うが、クーラーというのは点けたり消したりをマメに行うよりも、一日中つけっぱなしにしたほうが電気代は掛からない。不思議な話であるが。 一番エネルギーコストのかかる部分というのは、暑い温度を急激に冷ます時である。一旦部屋が冷えてしまえば、それをキープするのにそれほど多くのエネルギーは必要とし…...

毎日よどみなく書くには

なんだか定期的に「ブログを書けなかった言い訳的な文章」をアップしている気がするが、ここ2週間ばかりは忙しくてなかなか毎日更新ができなかった。忙しいといっても朝から晩までぎっしり予定が詰まっているわけでもなく、午後は少し余裕が出てきたりするのだが、基本、朝以外には書こうと思わないので放置する状態が続いていたりした。 それで2日ぶりに更新しようと思いキーボードに手を置いてみたのだが、書こうと思うことが…...

なぜフェイスブックは人気があるのか

少し古いのだが、以下のような記事が目に止まった。 一夜にして「友人」を激増させる簡単なやり方 普段SNSをやっている人ならタイトルだけですぐにピンとくるだろう。ある程度のお金を出せば、フェイスブックやツイッターで友達の数を簡単に増やせるという内容である。これ自体は目新しいトピックではない。SNSに接している人であればまあ普通に知っていることである。ただタイトルに釣られたのは、「友人」とカギカッコを…...