WPtouch を入れました

2015-01-14 8:53

このブログにはGoogle Analyticsという解析コードを埋め込んであります。それによるとこのブログを見に来ている人のおよそ7割が、スマートフォンで閲覧していることがわかりました。そこで、WPtouchというWordPress用のプラグインを入れて、スマホでの表示を見やすくするようにしました。

 

このWPtouchは、WordPressをやっている人なら知らない人はいないのでは、というくらい有名なプラグインです。ただ、有効化した後にいくつか困ったことが起こったので、備忘録的に記しておきます。

 

1 個別記事ページのヘッダーを押してもトップページに戻らない

 

ウェブサイトの共通のルールとして、ページの一番上の横長のバーやロゴのあたりを押すとトップに戻るというのがあります。それが、個別記事ページで押してみても遷移せず、同じページが表示されたままになるという謎の不具合がありました。

 

そこで、ヘッダー部のコードをごにょごにょといじり、
トップに戻るようにしました。具体的には以下の様な感じです。

 

wp-content > plugins > wptouch > theme > bauhaus > default とフォルダをたどり、header-bottom.php を開きます。34行目に以下のようなコードがありますので、直接ブログのトップに来るように書き換えます。

 

  1. <a href=”<?php wptouch_bloginfo( ‘url’ ); ?>” class=”header-center tappable”>

  1. <a href=“http://blue-de.com/blog” class=“header-center tappable”>

 

2 Google Analyticsが有効にならない

 

WPtouchでスマホ表示になったのはいいのですが、解析が行われていないようでした。スマホで見た場合にはPCではなくWPtouchのファイルが表示されるので、当然といえば当然です。

 

WordPress管理画面の WPtouch > コア設定(Core Settings) にカスタムコード(Custom Code)を入れる箇所があるので、そこに解析コードを入れると解決しました。

 

3 メニューに何も表示されない

 

WPtouchを有効化させると、ヘッダーの右にメニューボタンが表れますが、ここを押してもブランクのままでした。メニュー自体を作っていないのでこれまた当然のことです。

 

しかしブランクだと不完全なサイトと思われるため、ブルーデザインのウェブサイトへのリンクと、Twitter、Facebookページへのリンクを設置することにしました。

 

設置するためには、メニューを作成する必要があります。WordPress管理画面の 外観 > メニュー を開き、右上の「メニューの名前」を適当につけます。

 

メニュー名を入れて、左の「リンク」へURLを入れます。すべての入力が終わったら右下の「メニューを保存」を押します。

 

スクリーンショット 2015-01-14 8.36.03

 

WordPress管理画面の WPtouch > メニュー を見ると、ヘッダーメニューに先ほど保存したメニューが追加されていますので、選択して「変更を保存」を押すと表示されるようになります。

 

以上で、取りあえずの表示はできるようになりました。いじりだすとキリがなくなるので、しばらくはこの状態で運営していこうと思います。

 


Category:生活

tags: ,



«
»