焦るとダレるの間

2015-01-19 6:36

ブログはいつも朝起きて身支度を整えてから書いています。書き始めてから終わるまでの時間を計測してみたらだいたい30分前後だったので、最初の頃はタイマーを30分にセットして書いていました。タイマーを掛けることにしたのは、ブログは直接の仕事ではないためあんまりダラダラ時間を掛けたくないなと思ったからです。

 

それが、この書き終わるぎりぎりのところでタイマーをセットするというのは、全然よくないということにしばらくやってみて気付きました。書き始めから最後まで、すーっと詰まることなく終わるというのはまずなくて、だいたいどこかで「あら、この先どうしよう」みたいな感じになります。そんなときにタイマーが気になり残り時間を見てみると20分が経っていたりします。「あと10分で30分か」と意識するともう焦り出します。

 

別に自分で決めた時間なので破ったところでペナルティはないのですが、タイマーというのは恐ろしいものでなんとしても時間内に終わらせたくなります。結局、頭の方から書き直して終わりが見えてきた頃にタイマーが鳴り、1分か2分オーバーしたぐらいで完了、ということが何度かありました。なんかこれは全然楽しくないなと。朝っぱらからこんなに自分を焦らせてどうすると。

 

確かにダラダラと時間を気にせずやるよりはいいのですが、気持ちに余裕を持って書くことができません。書くことが楽しくなくなり続かなくなりそうです。考えた結果、今はタイマーを倍の1時間にセットして書くようにしました。これがめちゃくちゃ良い感じです。結局は30分ぐらいで書き終わるのですが精神状態が全然違います。

 

例えば40分ぐらいで書き終わった場合だと、以前は「10分もオーバーしてしまったか」となんだか朝から落ち込んだ気分になりました。今は「20分も残して終わったか!」と爽快です。ピッタリに時間を合わせると焦るし長すぎるとダレる。その間に目標地点を置くのが自分の場合、良いようです。

 


Category:生活

tags:



«
»