ブログを30日続けてよかったこと3つ

2015-01-22 7:47

去年の12月24日からはじめたブログ毎日更新は、今日で連続30日を迎えることができました。

 

IMG_0121

 

毎日書いてみようかな、と思い始めたのが去年の12月27日ぐらい。その後、自分の中で色々と工夫をしながら続けてきて、もしこのまま30日連続で書くことができたら、

 

・30日続けてよかったこと
・30日続けるために行なった戦略

 

この2つを絶対に書こう、と思うようになりました。というのも、今までに他の人が書いたブログの記事を見て救われたことが数え切れないほどあるからです。例えばウェブ作成でつまづいたときであったり、旅行前の下調べであったり、単純にモチベーションアップだったり、和みだったり、癒やしだったり。それはもうありとあらゆることで。30日という一つの区切りまできたら得られた成果を発表して、まー自分も少しでもその中で貢献したいと思ったわけです。

 

と前置きはこのくらいにして、まずは30日間続けてよかったことを3つ書きます。

 

1 何か思いついたら、それについて粘り強く考えるようになった。

 

連続して書くうちに、自分の中で決めていったことがあります。それは、自分のやった行動をただ書いて終わりにしない、ということ。ただの日記にはしないで、読んだ人が情報でも関心でも感動でも何かしら得られるものを書けるようにしようと。

 

それで、普段過ごしていて何か思いついたことがあれば書くネタとして取りあえずエバーノートに保存しているんですが、
「◯◯は◯◯だと思う」とメモするだけであれば、いざ文章に書こうとすると困ってしまう。単純に尺がもの足りないというのもあるし、なぜそう思うのかきちんと理由を書かないと読む人が腑に落ちないと思うからです。

 

なので、「◯◯は◯◯だと思う」と思った後に、それはなんでだろうか、「◯◯は△△」だとなんでだめなのか、と粘り強く考えるようになりました。考えを以前より一歩踏み込めるようになったのは自分にとって収穫です。

 

2 文章を書くことのハードルが下がった。

 

文章を書くというのはやはり結構頭を使うことで、時間もある程度掛かります。誰に見せるでもない何でもいいというものであれば相当リラックスして書けそうですが、公開するものならそうはいきません。特に自分の場合は、「文章を書く」という行動そのものを、なにやら自分の中で特別なものと思っているフシがあり、下手なものは書けない、うまく書かなくてはならない、と勝手にハードルを上げていました。

 

頭も使うし、ハードルも上がっている。文章を書くこと自体が苦痛なものだと認知してしまっていて、執筆の仕事などはなかなか書き始めることができないということが日常でした。それが、ともかく毎日自分が思っていることを書き続け、公開し続けるということを決めてしまうと、量産していくために自分の中でひとつひとつのストッパーを外していく必要がでてきます。泳ぎ続けるために足に付いている重石を外していくようなイメージです。

 

それが自分にはとてもいい方向に働いて、だんだん文章を書くこと自体のハードルが下がっていきました。今では、朝のブログ書きが一日で一番楽しみな時間になっています。

 

3 WordPressへのモチベーションが上がった。

 

このブログはWordPressというブログソフトウェアを使って作っています。WordPressはブログとしてだけではなく、カスタマイズして中小企業のサイトにもよく使われるので自分も勉強していたのですが、そういう投資型のことは目の前の仕事にかまけてどうしても後回しになりがちです。やらなきゃな、と思いながらも買った本がホコリをかぶっている状態でした。

 

それが、自分のブログを更新するようになって直したいところがいくつか出てきて、毎日一定時間をWordPressの勉強の時間に当てるようになりました。そうして知識を深めていくと、さらにやりたいことが出てきて好循環にのることができます。これもブログの更新をはじめないとやらないことだったと思います。

 

とりあえず、30日間続けてみてよかったと感じることはこのくらいです。明日は、続けるために自分が取った戦略について書きたいと思います。

 


Category:生活

tags:



«
»