ブログを続けるために考えた3つのこと

2015-01-23 8:02

昨日、ブログを30日続けてよかったことを書きました。今日はその続編で、続けていくために自分がとった作戦を3つ書きます。

 

1 自動運転状態を作る。

 

毎日書き続けるために、意志の力に頼るのはやめようと思いました。「絶対になんとしても書き続けるんだぁーー」みたいなことを強く強く誓ったとしても、おそらく一週間ぐらいで息切れするだろうと。自分のそういった決意とか精神力みたいなものに対しては、冷酷なまでにこれっぽっちも信用をしていません。

 

ではどうしたかというと、毎日書かなくては気持ち悪くなるように、ブログを書くことを習慣にしてしまおうと思いました。夜寝る前に歯を磨くことが習慣になっているように、「◯◯をしたら、必ずブログを書く」という風に関係性を作ってしまおうと。

 

実は自分たちは行動のほとんどを自動運転的にやっています。ほとんどを「◯◯したら、次は○◯」と意識せずにやっていて、「よしこれをやろう!」と決意して行っていることはあんまりありません。その「◯◯」をどこに持ってくるかと考えた結果、「日中はメールや電話が入るので書いている最中に中断してしまう」「夜はくたーとしてしまうので、毎日は書けなさそう」そう思い、結局は朝起きてすぐにはじめることにしました。

 

そう決めてしまうと、朝起きれば次はブログを書くことが決まっているので、歯を磨きながら、服をかえながらも何をどう書くかなんとなく頭の中で文章の構成をしはじめます。そうして身支度を整えていざ机の前に座ると、書こうとしていることできあがっているので、すぐに書き始めることができます。この状態を作れたのが、いちばん大きいと思います。

 

2 ネタをたえずストックしておく。

 

ブログが続かなくなる原因の一つに、書くことがなくなるいわゆる「ネタ切れ」があると思います。自分もこれを一番心配していました。なので毎日書こうと決めてから、少しでもなにか引っかかることがあれば、より好みせずに一行程度の文章にしてエバーノートに保存するようにしています。いまざっと見てみたら、それらの記事候補は40個ほどありました。

 

その中には、「テルメ金沢は果たしていつまで居続けることができるのか?」といった話を膨らませるのがなかなか難解な事柄も含まれていましたが、このうち半分でも書くことができれば20個のストックがあるということになります。20個といえば20日分です。これだけあれば「ネタ切れ」の心配はさすがになくなります。

 

またネタを豊富に持っておくことは、書きたいと思う事柄がたえず何かしらはあるので、書くことのモチベーションの継続にもつながるという利点もあります。

 

3 写真の掲載にこだわらない。

 

ブログに画像をつけると、読まれる可能性が数段アップすると言われています。このブログも当初は、必ず自分で撮った写真をつけるようにしていました。しかし文章に合った写真をつけるとなると、書くたびに写真を撮る必要が出てきます。それはあまりにも億劫です。やることを増やすと絶対に続かなくなると思ったので、いっそのこと写真をつけることをやめることにしました。やめるというか、優先順位を大幅に下げたということです。

 

Flickrなどからクリエイティブ・コモンズ・ランセンスのものを使用するといった方法もありますが、掲載するのであればすべて自分で撮ったものにしたいと考えています。なので、文章だけだとあまり読まれなくなるかもしれないが、何よりも更新することを一番の優先事項として、写真の掲載にはこだわらないことにしました。

 

 

あと続けることと関係がなく一つ気をつけていることがあります。それは、ネガティブなことは書かないようにしようと。自分にとっても読む人にとってもやはり気分のいいものではないし、読んで気分を悪くさせてしまうのは運営方針と合致しないと考えたからです。

 

30日間続けてみて思ったことと続けるためにしたことは、こんな感じでした。この先、運良く続けることができれば、1年後、3年後、10年後と同じ内容のエントリーを書いてみたいと思います。

 


Category:生活

tags:



«
»