香港一人旅 2-2 ピークトラム

2015-02-19 21:49

香港の旅行記の13回目です。

 

1〜12回目は香港一人旅 archivesからどうぞ。

 

* *

 

その後、10分ほど歩くとようやくピークトラムの乗り場に到着した。先ほど道を尋ねた白人の中年女性が、30メートルくらい前方で乗り場を指さしながらこちらを向いている。指でOKの形を作ってそれに応えた。ちょっとした人の優しさが旅先では胸に染みる。

 

 

150203-1

 

 

ピークトラムとはつまり、山頂へ登って行く列車のことであった。さすが観光都市香港だけあって、平日の午前中にもかかわらず切符売り場はものすごい混雑ぶりである。その中でも多かったのは中国の家族連れだった。

 

 

150203-1-2

 

 

彼らが内陸の人なのか香港の人なのかはわからない。なんとなく着ている服の原色の感じから、内陸の人ではないかと想像する。売っている切符の種類は3つあった。iPhoneで検索してみると、往復チケットと山頂での展望台への入場券のセットがお得らしい。それを一枚購入して(値段は忘れた)、混雑している中でトラムの登場を待つ。

 

ピストン運行をしているらしく、しばらくするとたくさんの人を乗せたトラムがホームに滑りこんできた。人が降りきったのを待って今度は自分たちがいる方のドアが開き、家族連れやカップルや自分と同じ一人旅風の若者がどっと中に乗り込んでいく。あっという間に満員御礼状態である。

 

ドアが閉まるとトラムは動き出し、すぐに線路は急な傾斜へと変わっていった。いかにも観光地的な乗り物で、頂上に着くのが楽しみになってきた。(続く)

 


Category:

tags:



«
»