香港一人旅 2-8 スターフェリー

2015-02-25 7:50

香港の旅行記の19回目です。

 

1〜18回目は香港一人旅 archivesからどうぞ。

 

* *

 

陽がゆっくりと落ちていき、ついにとっぷりと暗くなった。空の色が闇に変わるに対比して、対岸のネオンが輝いていく。

 

 

150223-1

 

 

九龍から眺める香港の夜景はさすがに素晴らしいものだった。周りにいる観光客もみな見入っている。夜景を写真に収めながら移動していき、フェリー乗り場を探した。右手に歩いていくとそれらしい入り口を発見。我々のような観光客にまじり、仕事帰りらしいサラリーマンやOL風の人たちが入っていく。香港人の日常の足としてもフェリーは使われているようだ。

 

 

150223-1-2

 

 

料金は2ドル50セント。日本円で40円弱と大変リーズナブルだ。コイン型の切符を券売機で購入し、ゲートをくぐって乗り場へと向かう。頻繁に往来しているらしく、程なくしてフェリーが到着した。やはり窓際がよかろうと席に座ると、周りの人は背もたれを逆側に倒している。地元民の真似をして逆向きに座り直した。するとフェリーはゆっくりと陸を離れて出港し、座り直した方角の通りに進んでいった。

 

あいにく自分が座った場所からは存分に夜景を楽しむことができなかった。それでも地元の乗り物に乗ることができると満足感がある。

 

 

150223-1-3

 

 

10分ほどで香港島に到着した。降り立ったところでちょうど小腹が空いてきていた。中環で食事をしようと早速iPhoneで検索を開始する。

 

最後の夜なのでぜひとも外さずに美味しいものを食べたいとじっくり店を選んでみて、香港ミシュランで2009年より連続で星を獲得している沾仔記というワンタンのお店を見つけた。星付きといえばさぞやお高いのかと思いきや、25ドルぐらいから食べられるとのこと。25ドルといえば、約375円だ。これはいってみるしかあるまい。

 

地面に置いていたリュックを肩に担ぎ直し、iPhoneを片手にその地に向かった。(続く:「その地に向かった」などと書けばかっこよく感じるが、目的地はワンタン屋である)

 


Category:

tags:



«
»