SIMロックに向いている人、SIMフリーに向いている人

2015-03-06 8:18

そもそもSIMとは何かという話しであるが、つまりは携帯にさして使う小さなカードのこと。

その中には携帯番号やIDや通信するための情報が収めてある。これをさすことでスマホはSIMに紐付けられた通信事業会社の電波を拾うことができ、電話をしたりネットをしたりすることができるようになる。

ではSIMフリーとは何か。それを知るためには日本の携帯事情を理解する必要がある。

日本の3つのキャリアでは自分たちが販売した携帯やスマホを、自分たちが発行しているSIMカードでしか使えないようにカスタマイズしている(一部機種を除く)。

平たくいえば、iPhoneはソフトバンク・au・ドコモの3社で出しているが、ソフトバンクで買ったならドコモのSIMカードを入れても電波を拾わない。ソフトバンク以外の電波でしか使うことができないのだ。

これがいわゆるSIMロックである。

それに対してSIMフリーとはどこのキャリアにも紐付けられていないスマホで、日本のキャリアはもちろんのこと海外に行った時には現地で売っているカードをさすことで、その国のキャリアの電波を使用することができる。

ではSIMフリーの方がいいじゃないか!となりそうだが、双方に良い面と悪い面があるのだ。

SIMロックの良い面と悪い面

良い面

・同じキャリア間での通話は通常、かなり安価に設定されているので、その恩恵を受けられる。
・機種代金の一部をキャリアが肩代わりしてくれる。

悪い面

・他キャリアの電波を使えない。海外では国内キャリアの割高な海外プランを使う必要がある。
・通信料が割高

SIMフリーの良い面と悪い面

良い面

・SIMカードを自由に選べるため、国内の安価なプランを選択できる。
・海外では現地の格安SIMを利用できる。

悪い面

・機種代金を定価で払わなくてはならない。
・国内の安価なSIMの場合、同キャリアでの割引通話は付いていない。

まとめると、

SIMロックに向いている人

・海外に行くことは基本的にない
・ネットだけでなく通話もかなりする
・ともかく機種を安く手に入れたい

SIMフリーに向いている人

・海外に行くことが多い
・通信料を安く抑えたい
・通話はほとんどしない

ということになる。

自分の場合、
・通信料を安く抑えたい
・通話はほとんどしない
この2つのニーズが合致したので、SIMフリーへと移行することにした。思ったより文章が長くなったので、続きは明日に。(続く)


Category:生活

tags:



«
»