SIMロックに向いている人、SIMフリーに向いている人

SIMとは、スマホにさして使う小さなカードのこと。

その中には、携帯番号やIDや通信するための情報が収めてある。
これをさすことでSIMに紐付けられた通信事業会社の電波を拾うことができ、電話やネットができるようになる。

では、SIMフリーとは何か。
それを知るためには、日本の携帯事情を理解する必要がある。

SPONSORED

SIMロックとSIMフリーの違い

日本のキャリアでは、自分たちが販売した携帯やスマホを自分たちが発行しているSIMカードでしか使えないようにしている(一部機種を除く)。

iPhoneはソフトバンク・au・ドコモの3社で出しているが、ソフトバンクで買ったならドコモのSIMカードを入れても電波を拾わない。
ソフトバンクの電波でしか、使うことができないのだ。

これがいわゆるSIMロックである。

それに対してSIMフリーとは、どこのキャリアにも紐付けられていないスマホだ。
日本のキャリアはもちろん、海外のカードをさすことで、その国のキャリアの電波を使用できる。

「だったら、SIMフリーの方がいいじゃないか!」となりそうだが、双方に良い面と悪い面がある。

SIMロック

良い面

・同じキャリア間での通話が、かなり安価に設定されている
・機種代金の一部を、キャリアが肩代わりしてくれる

悪い面

・他キャリアの電波を使えない
・格安SIMに比べて、通信料が割高

SIMフリー

良い面

・SIMカードを自由に選べるため、国内の安価なプランを選択できる
・海外では、現地の格安SIMを利用できる。

悪い面

・機種代金を、定価で払わなくてはならない
・主要キャリアのような、安い通話を使えない

これらをまとめると、向いてるひとと向いていないひとは、以下のような感じになる。

【SIMロックに向いている人】

・海外に行くことは基本的にない
・ネットだけでなく通話もかなりする
・機種を安く手に入れたい

【SIMフリーに向いている人】

・海外に行くことが多い
・通信料を安く抑えたい
・通話はほとんどしない

自分の使い方に合ったものを

ランニングコストだけに注目すれば、SIMフリーのほうが割安だ。

でも、「SIMロックはだめ、SIMフリーのほうが良い!」と単純な話にはならない。
使い方によって、必要な機能(通話重視かネットだけでよいか)は分かれるからだ。

まずは自分の使い方を確認して、それに合った機種を入手するのが良いだろう。

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。