【海外一人旅 難易度ランキング】初めてでも行きやすいおすすめの国は?

2015年に海外一人旅を始めて、2019年7月までトータル20カ国を旅しました。

それなりに経験が積み上がってきたので、これまで行った国のなかで一人旅の難易度を付けました。

海外一人旅 渡航先難易度ランキング

難易度国名
63チェコ共和国、デンマーク
62ドイツ、ポルトガル、スペイン、オーストリア、スウェーデン、ノルウェー
61フィンランド、アイルランド
60イタリア、イギリス、フランス
55タイ
53マレーシア、インドネシア、ベトナム
52香港、シンガポール
50台湾

難易度は、
・日本からの距離(行きやすさ)
・気候
・交通インフラ
・クレジットカードが使えるか
・街の人の対応
などから総合的につけています。

初めて一人旅するなら、台湾がおすすめ

台湾

「初めての一人旅でどこへ行こう?」と悩んだなら、台湾をおすすめします。

本当に行きやすい国です。
日本から近く、人は優しいです。

台南や高尾など南へ行くと物価も安くて助かります。
お店には漢字と英語が表記されていますから、言葉で困ることもありません。
主要な観光地には日本語も表記されています。

LCCを使えば、日本から往復2万円とかで航空券を買えます。
まさに一番近い海外のひとつ。

行きやすくて過ごしやすい、それでいて一人旅も満喫できる。
良い印象しかありません。

香港は、物価高と都会的な雰囲気がネック

香港

他にも日本から近い国として、香港があげられます。

初めての一人旅に香港を選ぶひとも多いと思います。
かく言うぼくもそうでした。

でも香港はまず物価が日本以上に高いです。
それなりのホテルに泊まろうと思うと費用がかさむし、安宿は本当に狭くて汚いです。

また都会特有の冷たさもありますね。ぼくは道を尋ねて、何度か軽くあしらわれました。

良い面もいっぱいありますが、初めての一人旅で香港を選ぶと結構、心折れることがありそうです。

ヨーロッパのネックは移動距離の長さ

ヨーロッパはどの国も難易度を高めにしました。

飛行機で8時間以上かかるところばかりです。
移動の疲労がありますし、時差ボケもきつい。
国として過ごしやすくても、距離的な問題で難易度は高めです。

ただ、お店の店員さんはほとんどが優しい人ばかりでした。
「パリやロンドンは人が冷たい」と聞いていたので構えていましたが、ぜんぜんそんなことありません。

パリの電車の駅で買った切符が使えずにまごついていると、通りがかったひとが優しく教えてくれましたよ。

ユーロ圏なら国をまたいでも入国審査の必要なし
ユーロを通貨に使っている国が多いため、両替もしなくて良いので便利です。

滞在した国の印象

実際に滞在した国々の印象について、旅した時系列順に簡単にコメントします。
まずはアジアから。

【アジア】

香港(難易度52)

香港

日本から近くて、英語が通じます。
日本語の表記も多数あります。

都会なので街の人に親切な印象はありません。

それでも、思いついたらすぐ翌週に行けそうなくらい距離の近い国です。
LCCを使えば航空券も安く買えます。難易度52としました。

台湾(難易度50)

台湾

香港に比べ台湾は、店先での日本語表記が多く感じました。
お店の人も、簡単な日本語なら理解できる人が多かった印象があります。

台湾を一番難易度が低い50にして、香港をそれより2つ高い52としました。

タイ(難易度55)

バンコク

親日的で日本企業がたくさん進出しているから、日本のお店もたくさん見かけます。

親切な人が多いので楽しく観光できるでしょう。

ただし、トゥクトゥクはもとよりタクシーも必ずぼったくってくるので、それを交渉するのに精神的に消耗します。

かといって自分の足で歩き回れば、気温は暑く湿度も高いため体力的にすぐキツくなる。

この辺が台湾や香港より難易度が高いと感じます。
そのため難易度を香港より3高い55としました。

シンガポール(難易度52)

シンガポール

治安が日本並みに良いです。MRTも整備され、タクシーもボラれることなく安心して乗れます。

日本語は通じないと思ったほうがいいですが、観光地の表記では日本語をよく見かけました。

英語が公用語というのも安心できるポイント。

日本から距離が少しあるため、香港と同じ難易度としました。

マレーシア(難易度53)

マレーシア

移動はMRTもしくは配車アプリGrabを利用すれば簡単です。

料理はまあ普通です。
シンガポールより美味しく感じました。

危険な印象はありません。
渡航しやすい国のひとつ。

ただ、インフラがシンガポールより整備されていないため、シンガポールから難易度を一つ上げました。

ベトナム(難易度53)

ホーチミン

ホーチミンはMRTが市内に走っておらず、移動はバスもしくは配車アプリのGrabとなります。

街中であればGrabでなんの問題もありません。

フォーなど料理が美味しいし道もキレイ。

ベトナム航空のサービスも良かったです。

タイと同レベルに楽しめた国。また行きたいなあ。
難易度はマレーシアと同じとしました。

インドネシア(難易度53)

インドネシア

ジャカルタに5日間ほど滞在しました。

ジャカルタはどこへ行くにも車の大渋滞に巻き込まれます。
移動はGrabのバイクがおすすめ。100円程度で手軽に移動が可能です。

料理は日本人の口に合わないかもしれません。

熱帯の国らしく、蒸し暑くて、体調も崩しやすいですね。

【ヨーロッパ】

イタリア(難易度60)

イタリアローマ

1回目の滞在で、ローマからフィレンツェ、ボローニャと旅し、2回目にヴェネツィアとナポリへ行きました。

ローマは観光地らしく見どころたくさんですが、スリの存在に常に怯えます。
それだけが難点。

またナポリはアジアの国かと思うほど街並みがカオスでした。

地方によって表情がガラリと変わります。

それぞれの都市に共通していたのは、食べ物が美味しいこと。
バールで飲むエスプレッソの味も忘れられません。

交通手段も鉄道やバスが発達しているため困りませんでした。

アイルランド(難易度61)

語学学校に通い、約3週間滞在しました。

ホストマザーをはじめ、アイルランドのひとはみんな親切でした。

お店に入ってカウンターで選んでいると、「注文は決まっていますか」と気さくに声を掛けられました。

通貨はユーロを使用しており、物価は日本と同じくらい。
それなりに快適に過ごせました。

不満を言えば、公共交通機関がバスしかないこと。
地下鉄が整備されていれば、移動のストレスはかなり軽減するでしょう。

また天候が変わりやすく、ぼくが滞在した12月はどんなに晴れていても必ず一回は雨が降ってきました。

5月ぐらいが最も良いシーズンのようです。

イギリス(難易度60)

ロンドンに6日間くらい滞在しました。

通貨はポンドを使用しています。

クレジットカードの海外キャッシングを利用しましたが、レートが高くて驚きました。
相場より1ポンド30円くらい高かったように思います。

全体的に物価も高かったですね。楽しむにはそれなりの費用が必要です。

ポルトガル(難易度62)

ポルトとリスボンに合計一週間ほど滞在しました。

温暖な気候と美味しい食事やフルーツ、物価のやすさなど、過ごしやすい印象です。
都会のリスボンよりポルトのほうがイメージが良かったです。

ヨーロッパでもう一度訪れたい国のひとつ。

スペイン(難易度62)

マドリードとバルセロナに合計一週間ほど滞在しました。

マドリードの印象はさほどないのですが…。
バルセロナではともかく美術館めぐりをしました。

見ごたえのある場所ばかりなので、アート好きにはたまらない場所でしょう。
食事も美味しく、それほど物価も高くありません。

フランス(難易度60)

パリで1週間ほど滞在しました。

パリは見どころがたくさんあります。
凱旋門やルーブル美術館、エッフェル塔を見るだけで感動しました。

物価はロンドンほどでないですが、それなりに高いです。
フランス料理を楽しみたいなら、費用が掛かりますね。

ドイツ(難易度62)

ベルリンに一週間ほど滞在しました。

たまたまかもしれませんが、小売店の店員さんの態度が異様に悪かったです。

あまりにムカついたところへは、抗議のメールを送りました。(後日、謝罪のメールが届きました)

それ以外は美術館やギャラリーが多く、楽しめる街です。

チェコ共和国(難易度63)

プラハに4日ほど滞在しました。

チェコはEU加盟国ですが、通貨にユーロを採用していません。

そのためクレジットカードでしのごうと思いましたが、カード利用料が掛かったり現金のみだったりと、不便な印象があります。

またひとも親切とは言えません。

初めての一人旅にチェコ共和国を選ぶと、何かと苦労することになりそうです。

オーストリア(難易度62)

ウィーンに5日ほど滞在しました。

トラムが街のいたるところに走っていて、移動に苦労しません。

この都市の魅力は、なんといってもオペラ座です。

高い席もありますが、立ち見なら1,000円くらいで見れます。
服装もカジュアルでOK。

ウィーンに行ったなら、ぜひオペラ座へ。

フィンランド(難易度61)

ヘルシンキに1週間ほど滞在しました。

日本から直行便が多く出ています。
思ったよりも日本人が多く、がっかりしてしまうかも。

ヘルシンキはぼくが想像していたよりも都会でした。
バスでポルヴォーなど郊外へ足を伸ばせば、北欧の牧歌的な雰囲気を味わえまず。

スウェーデン(難易度62)

ストックホルムに4日間ほど滞在しました。

それほど期待していなかった都市ですが、想像以上に良かったです。

まずは街並みがきれい。
これまで訪れた都市でいちばん整備されていると感じました。

中心部も古い街並みが今に残り、見どころがたくさんあります。

親切な人も多かったです。
このときにお世話になったエアビーのホストとは、SNSでつながっています。

デンマーク(難易度63)

コペンハーゲンに1週間ほど滞在しました。

北欧の国らしく、街並みはよく整備されています。
交通網もしっかりしていて、それでいて中央駅など古い設備を大切に使っています。

街の印象は言うことなしですが、物価が高いのがネックです。

イメージ的に、日本の1.7〜2倍くらいします。
何を買うにも、つい値段を気にしてしまいましたね。

ノルウェー(難易度62)

オスロに一週間ほど滞在しました。

ネックはコペンハーゲンと同じく、物価の高いことです。
ただオスロは人口が60万程度と、滞在するにはちょうどいい規模の都市でした。

坂が多く徒歩での移動は辛いですが、トラムやバスを使えば問題なし。
自然が多く過ごしやすい都市という印象を持ちました。

Scroll to top