海外一人旅 難易度ランキング

2015-03-08 8:16

海外一人旅を始めてみて、色々な国を訪問してみた。これから行きたい国を考えながら、イメージで海外一人旅難易度ランキングを作ってみた。

海外一人旅 渡航先難易度ランキング

赤字は行ったことのある国

難易度 国名

80 シリア、アフガニスタン、イラン、イラク、イスラエル、イエメン、ウクライナ
70 アフリカ全般、南アメリカ全般、インド
65 スペイン、北欧全般、ロシア、モンゴル、バングラデシュ、パキスタン
60 イタリア、ドイツ、イギリス、フランス、オランダ
57 アメリカ、カナダ、トルコ、カンボジア、ミャンマー、フィンランド
55 タイ、ミャンマー、スリランカ、フィリピン、中国、韓国
53 マレーシアインドネシアベトナム、オーストラリア
52 香港シンガポール
50 台湾

滞在した国の印象は以下の通り。

香港

日本から近くて、英語が通じる。日本語の表記も多数ある。都会なので街の人に親切な印象はない。思いついたらすぐ翌週に行けそうなくらい距離の近い国。難易度52とした。

旅行記はこちら → 香港一人旅

台湾

香港に比べ台湾は、日本から距離が近く店先での日本語表記が多く感じた。また観光客に日本人が多くいるからか、お店の人も簡単な日本語なら理解できる人が多かった。

空港では日本語が通じると思って大丈夫だと思う。なので、台湾を一番難易度が低い50にし、香港をそれより難易度が2高い52とした。

旅行記はこちら → 台湾一人旅

タイ

親日的で日本企業がたくさん進出しているから、日本のお店もたくさん見かける。親切な人が多いので楽しく観光できると思う。

ただし、トゥクトゥクはもとよりタクシーも日本人と見るや必ずぼったくってくるので、それを交渉するのに精神的に消耗する。かといって自分の足で歩き回れば、気温は暑く湿度も高いため体力的にすぐキツくなる。

この辺が台湾や香港より難易度が高いと感じる。そのため難易度を香港より3高い55とした。

旅行記はこちら → タイ一人旅

シンガポール

治安が日本並みに良い。MRTも整備され、タクシーもボラれることなく安心して乗れる。

日本語は通じないと思ったほうがいいが、観光地の表記では日本語をよく見かけた。英語が公用語というのも安心できるポイント。日本からは距離が少しあるため、香港と同じ難易度とした。

旅行記はこちら → シンガポール一人旅

マレーシア

移動はMRTもしくは配車アプリGrabを利用すれば簡単。料理も普通に食べられるし、危険な印象もない。渡航しやすい国のひとつ。

インフラはシンガポールより整備されていないため、難易度を一つ上げた。

旅行記はこちら → マレーシア一人旅

ベトナム

ホーチミンはMRTが市内に走っておらず、移動はバスもしくは配車アプリのGrabとなる。街中であればGrabで問題なし。

料理も美味しいし道もキレイ。ベトナム航空のサービスも良かった。タイと同レベルに楽しめた国。また行きたい。難易度はマレーシアと同じとした。

旅行記はこちら → ベトナム一人旅

インドネシア

インドネシアは、鉄道のインフラが整っていない。そのため、どこへ行くにも大渋滞に巻き込まれる。移動はGrabのバイクがおすすめ。100円程度で手軽にどこへでも移動できる。

渋滞の中、割り込んで行くので、時間的にも早く着く。料理は日本人の口に合わないかも。熱帯の国らしく蒸し暑くて、体調も崩しやすい。

旅行記はこちら → インドネシア一人旅

イタリア

ローマからフィレンツェ、ボローニャと旅した。ローマは観光地らしく見どころがたくさんあるが、スリの存在に常に怯えてしまう。それだけが難点。

3つの都市はそれぞれ街なみが美しく、食べ物も美味しい。交通手段も鉄道やバスが発達しているため困らなかった。

日本から距離があるため、飛行機の移動時間が疲弊する。それでもスマホがあれば、快適な旅を楽しめる。

旅行記はこちら → イタリア一人旅


Category:

tags: ,



«
»