Kindle for Mac

2015-03-09 8:17

いつの間にこんなに便利なものがでていたのだろう。KindleのMac版アプリが登場していた。

 

ブラウザ上で使用できる「Kindle Cloud Reader」の存在は知っていたけれど、そこで読めるのはpdfなどの画像として登録してあるコミックや雑誌のみ。小説や実用書など活字中心のものには対応していなかった。それが、先日たまたま「Kindle Cloud Reader」上で小説をクリックしてみたら、「この本はこのサービスでは読めないので、アプリをダウンロードしてください」という案内が出て、その手順に従ったらMac版アプリの存在を知ったという次第である。

 

少し使ってみたけれどこれはかなり便利だと思った。まずはダウンロードした雑誌を見開きサイズで見れるのが嬉しい。27インチディスプレイでA4見開きの雑誌を見ると実物よりも少し大きく表示されることとなる。パソコンは少し離れて見るのが通常なので、ピッタリのサイズで読むことができる。

 

雑誌は「Kindle Cloud Reader」でも見ることができたが、クラウドから画像を引っ張ってくるので、ページ遷移のたびにタイムラグが生じる。ぱらぱらと流し読みしておもしろいところを探したいときは、このタイムラグが非常にもどかしい。それがアプリの場合はローカルストレージにダウンロードして読めるので、表示に待たされるということがない。とてもよい感じだ。

 

実用書の方を見てみたら、読むのに過不足がないのはもちろんのこと、別のガジェットで途中まで読んでいたページが表示されて少し感動する。ハイライトしておいたところもきちんとマークされている。こういうところが本当にいちいち便利で素晴らしい。

 

ちなみに雑誌は画像での表示なので、ページ上にurlがあったとしても、そのウェブサイトへは飛ぶことはできない。PCで見ているとリンクしているように錯覚して、つい何度かクリックしてしまった。活字のみの書籍と違い、雑誌の誌面構成は本文と図版が複雑にレイアウトされているので、ウェブ上で表現するには今のところ一枚画像にするしかない。この辺の表現も、後数年すれば新しい技術で解決するんだろうなー。というかしてほしいっす。

 


Category:未分類

tags:



«
»