やり方を忘れると億劫になる

2015-03-24 6:46

確定申告を昨日、ようやく締切の一週間遅れで出すことができた。一年間まるっきり放置してからとりかかったので、なんだかんだで延べ丸2日ぐらい掛かってしまった。一年間放置してしまうと、何をどうやればいいのかまったく忘れてしまっている。「確定申告はものすごく億劫なもの」と思ってしまっているが、その理由はひとえにやり方を忘れているからである。

 

何でもそうだけれど回数をこなしてやり慣れていけば、その作業自体は苦ではなくなる。考えずに身体が動くぐらいになればもはや精神的な負担はかからない。その反面、新たにはじめようと思うことは、そもそもやり方を知らないのだからストレスが掛かってしまう。

 

忘れていしまっているのも同じことで、しかも「なにをやったか覚えていないけど、すごく面倒な作業だった」という感覚的な記憶だけが残っているから始末に悪い。ますます億劫になって後回しにする。そんな悪循環に陥ってしまっていた。

 

確定申告においては、やり終わってしまえば「そんなに難しいことではなかった」と思うのがいつものこと。なので今年こそは毎月こまめに進めていこう。という願望。

 


Category:未分類

tags:



«
»