デジタル断捨離

2015-04-05 7:06

時間の使い方が下手だと言われればそれまでだが、「時間がないなー」と感じながら一日を過ごしている。

 

やらなければならないことに追われていると、本当に一日があっという間に終わってしまう。この調子では自分がやりたいことのほんの数%しかできないまま人生の幕が降りてしまいそうだ。そんな危機感さえ感じてしまう。

 

それでも何かしら無駄な時間があるはずだと、自分の一日の行動を棚卸ししてみた結果、大きな無駄を発見した。スマホを見ている時間である。

 

例えば朝起きると、まずはスマホを手にしてTwitterやらRSSリーダーを読んでしまう。そこから気になった記事をまとめてPocketなどで読み出すと、もう30分ぐらい経ってしまう。仕事中もほんの休憩のつもりでスマホからフェイスブックなどを見始めると、色んな人の投稿からとある事柄に興味が移ってウィキペディアで検索をはじめたりして、あっという間に30分ぐらい経つ。

 

こういった情報収集はまあ必要といえば必要なのかもしれないが、一日に1時間も2時間も掛けるべきものではない。なので見るものをかなり絞り込むことにした。

 

自分にとってスマホでの時間泥棒は、RSSリーダーとTwitter、そしてフェイスブックである。まずはRSSに登録していたニュースサイトはすべて削除して、興味のあるブログだけを残した。これで一日に更新される記事は500ぐらいから一気に5〜10ぐらいに減る。

 

Twitterもフォローする人やコンテンツを改めて見直した。リアルな知り合い以外で読み飛ばすことが多い人は、すべてフォローを外すことにした。
また気になればその都度フォローし直すことにする。後は宣伝系のリツイートが多い人は、リツイート自体を非表示に。これで一日に1000〜1500ぐらい流れていたツイートが、300ぐらいまで減らせる。

 

ニュースは更新の速いTwitterだけから拾うことにして、47、NHK、Yahoo!などをフォロー。ニュース以外のコラムなどは、TABI LABOやライフハッカー、ハフィントン・ポストなどのキュレーションメディアと、佐々木俊尚さんや堀江貴文さんといった優秀なキュレーターからのみ情報を得ることにする。

 

フェイスブックは一番の時間泥棒だと思われるので、アプリ自体を削除することにした。ブログを更新した際にフェイスブックページで告知をしているので、その時にざっと眺めることにする。しかしフェイスブックはインフラとしての機能もあるので、Messengerだけはスマホ上に残しておくことにした。

 

こうしてバッサリと断捨離を行なうと、つい癖でスマホからTwitterやRSSを見ても更新されている記事自体がすごく少ないから、すぐに見るのをやめてしまう。その代わり仕事に戻ったり、読みかけの本を開いたり、聴きたかった音楽をじっくりと聴いてリラックスできたりするので、まあ今のところはうまくいっている感じです。

 


Category:未分類

tags:



«
»