手放せないイヤホン、Bose QuietComfort 20i

Bose QuietComfort 20i

ノイズキャンセリングイヤホンへの依存度が、日に日に高まっています。

以前は執筆の際だけに使っていましたが、今では仕事中のほとんどの時間につけています

本当に良い製品なので多くの人に使ってみて欲しいのですが、何ぶんお値段がはります。

ぼくの使っているBose QuietComfort 20iは、30,000円以上。
イヤホンでそのくらいすれば、なかなか簡単には購入できません。

ぼくも気になってから実際購入にいたるまで、半年以上掛かったと記憶しています。

手放せないイヤホン、Bose QuietComfort 20i

それでも今では本当に買ってよかったと思っています。

実際に使ってみないと実感できないのですが、ノイズを遮断するのは生産性を上げるためのかなり有用な手段なのです。

音を遮断するといっても、まったくの静寂になるわけではありません。

例えば電話のベルは耳に届くし、人の話し声も聞こえます。

普通の会社のフロアでつけながら作業をしていても、業務に支障は出ないでしょう。

集中力が目に見えてアップする

何がそれほど良いのか。

ノイズをカットすると、高いレベルで集中できるようになるんですね。

静寂の中で仕事していると、意識が余計な場所へ行くことがなくなります。

つけるようになって作業の見積もり時間は短くなり、余った時間で別の仕事を取り掛かれるようになりました。

ちなみに、ライフネット生命の岩瀬さんもノイズキャンセリングについてのブログ記事を書いています。

ぼくは、この記事が購入する際の後押しになりました。
よかったら参考にどうぞ。

Pocket

Scroll to top