スマホを見えない場所に

スマホとの距離の取り方についての続き。

とてもとても便利なスマートフォンだが、見たいものがあるわけでもないのに、つい癖で見てしまう。そうすると結局は5分、10分の時間がなくなっていく。一度きりならいいが、一日に何回もそれをやっていると、暇つぶしのために積算される時間は膨大なものになる。

それはもったいないと意識して距離を取るようにしてみたのだけれど、スマホというのはなかなかに強力な磁力を持っている。少しでも自分の中で間が空くと、つい手を伸ばしてしまうのである。

なので、少なくとも午前中の作業時間には机から遠くの場所に置いて、発信音などもならないようにした。スマホそのものが視界に入らないようにしてみたのだ。

これが結構、効果的だった。目に入らなければ基本的に気にならないし、見たくなってもその場所にまで歩いて行くのが面倒で諦めてしまう。またPCから確認できる通知(メールやLINEなど)以外も耳や目に入ってこないので集中して作業を続けられる。

頭がクリアな午前中は午後よりも圧倒的に生産性が高いので、5分、10分が貴重である。しばらくはこのやり方で続けてみようと思う。

Scroll to top