アフィリエイトというノイズ

先日、美味しいコーヒーを求めて色々試そうと思うと書いた。その後、二三味珈琲を飲みきってしまったので、ネット上で美味しいと評判のものを買っては飲んでいるというのを繰り返している。

それでいくつか飲んでみて気付いたのは、ネットの評判というのはアテにならないということだ。もちろん個人のブログ記事などで、本当にコーヒー好きの人が美味しいものを伝えたくて熱のこもった記事を書いているのなら信用できる。アテにならないというのは、キーワード検索で調べたとしても、どうしても上位に上がってくるのがアフィリエイトを貼った記事ばかりになってしまうからである。

それらは紹介した商品がコンバージョンされることで成果を得られるものが多いだろうから、「美味しいコーヒー」という観点よりも「より多くの報酬を得られるコーヒー」がおすすめされることになる。

アフィリエイトは商売として成り立っているのでそれは別にいいのだけど、純粋に「美味しいものが欲しい」と思った時には余計なインセンティブがかかっているアフィリエイト記事は情報の中でノイズとなる。今回、コーヒーをネット通販で試してみて、そのことを改めて感じたのだった。

なので、ネットを頼る場合はコーヒー豆に関してのキュレーター的な立ち位置の人を探し当てるか、もしくは口コミか、はたまたアフィリエイトを避けて自分の勘を頼りにするか。この辺りで見つけようと思う。