車を買う費用の上限

乗っているクルマが走行距離10万キロを超えてきた。中古で買ってかれこれ5年弱乗ってきて今もなんの支障もなく快適に乗れているのだが、10万キロを超えるとそろそろ買い替え時かなあと思えてくる。それは性能というよりも気分的な問題が大きい。

それで、何か良さ気な中古車はないかとネットで色々と探してみることにした。撮影機材を積むのでハッチバックを前提として、他県へ長距離で移動することも考慮し居住性の良いものにしたい。そう思って絞り込んでいくと、それなりに程度が良く希望するような車種はまあ100万以上はする。

走行距離が3万キロぐらいのものを買うとすれば、一年に2万キロを走行して10万キロまで3年半乗れる計算である。諸経費入れて120万くらいで買えたとすると、一年の減価償却が 120万 ÷ 3.5年 = 約35万 となる。

維持費を含めずに車両代だけで、一年に約35万円。そう考えるとクルマって高いものだなとつくづく思う。

35万あれば海外旅行に3回行けるなー、どうしようかなー、もうちょっと粘るか、と色々考えていたらはたと気づいた。価値観ってようするにこういうことだよなと。

クルマに年間35万の値打ちがあるか、それとも海外旅行に35万の価値を見いだすか、どちらが自分にとってよりバリューがある選択か天秤にかけているわけである。このどちらかを選択するか、またはまったく別のものにするか、何も選ばないことを選択するか。それを頭の中で自動的に考える行為が価値観と呼ばれるものなのだ。

120万でうだうだと考える自分のような人間も入れば、1000万のクルマを買う人もいる。自分と同じような乗り方をすれば、1000万のクルマの減価償却は一年で

1000万 ÷ 5年(一年2万キロ走ったとして) = 200万 となる。

毎年、豪華客船で一ヶ月間、世界一周できるくらいの費用をクルマに掛けられるわけである。なので1000万のクルマを買う人は、それだけの価値をそのクルマに見いだせる人なのだ。

とここまで書いてみて、1000万のクルマを買える人は自分と同じ年収のわけがないという驚愕の事実に気づいてしまった。クルマに掛けられるコストは収入に応じて変わってくるだろう。誰しもフトコロ事情というのがあるのである。

なので、それは価値観の違いというよりも収入の違いなのかもしれない。自分が生きている間に今の10倍くらい大幅に年収がアップするような現象が起こったら、クルマに掛けられる金額について改めて考えてみよう。

買うかどうかは、結局のところ保留です。