デュアルライフをやってみたい

2015-06-17 9:04

ジャーナリストの佐々木俊尚さんが、東京の他に軽井沢と福井に拠点を持ち、その3つを行き来して生活しているという話を聞いて刺激を受けている。

 

新しい住まいのカタチ

 

暮らす場所を変えるというのは、生活に変化をつけるのに一番手っ取り早くそして効果的な方法であるように思う。特に毎日窓際の仕事用デスクの前に座って同じ景色ばかり見ていると、徐々にではあるが気分が落ちていくのを感じる。

 

それを解消しようとして旅に出たり、どこかのカフェでPCを広げたりして変化を付けてみるのだが、そういうのは所詮、一時的なものである。やはり生活の場そのものをしばらく変えるのが良いように感じてきた。かといって飽きたからとその都度、引っ越ししていれば、お金がかかってしょうがない。また引っ越しは時間も体力もかなり使うのでそう簡単にできるものでもない。

 

そういうようなことを普段ぼんやりと考えていた時、佐々木俊尚さんの試みを読んで「これはいいかも」と考えた次第。つまり金沢をメインの拠点地として、もうひとつ別の場所に生活の場を持つのだ。

 

候補地としては、今住んでいるのが地方都市の金沢なのでそれよりもっと田舎か、それとももっとすごい都会のどちらか。新幹線が通って東京や長野への時間距離は近くなったし、車で行ける程よい距離であれば京都がとても良さそうだ。

 

こういったことは、きっかけができるとどんどん妄想が膨らんでしまう。もう一つの場所はどこがいいかと色々考えてみたら楽しくなってきて、結構気分転換が図れてきた。しばらくはこの妄想を楽しみながら、自分の次の未来を考えてみたい。

 


Category:生活

tags:



«
»