ブログは独自ドメインと無料サービスのどちらがいいか

ブログをはじめるにあたっては、独自ドメインを取得しWordPressなどを用いて自分で設置するのがいいか、テンプレートが揃えられた無料のブログサービスを使うのがいいか。これからやってみたい人でこの悩みを持つ人は少なからずいると思う。結論を出す前に、それぞれの特徴を考えてみたい。

まず、独自ドメインの一番の良さは何か。それはすべてを自分でコントロールできることである。デザインやエフェクトはもちろん、ドメイン名も設置場所となるサーバーも
そういった何もかもを自分で決めることができる。なので必然的にデメリットは何かと言えば、それだけ色々なことを決めるのが単純に面倒くさいというのと、設置するために使う時間的コストが発生することがある。

後はメンテナンスも自分でやらなくてはならない。一昨年にレンタルサーバー「ロリポップ!」においてWordPressを運営しているブログの多くが、ハッカーの手によって改ざんされるという事態が起こった。その後に「ロリポップ!」は復旧方法のやり方をリリースして、被害にあった部分をブログ運営者の自らの手で修繕してもらうよう告知を行なった。つまり、そういった不正アクセスによるトラブルでも自分で処理しなくてはならないのだ。知識や検索スキルがなかったり、プログラムやデータベースに興味がなければ、これは結構厳しいことである。

一方、これが無料のブログサービスに起こっていたとすれば、テンプレートを修繕するだけになるのでサービス側で対応してくれるだろう。カスタマイズしているブログの場合、一つひとつの対応は難しいかもしれないが、更新画面などにわかりやすく修理の方法を案内はしてくれるはずだ。

他にもブログサービスにおいて新しい機能がリリースされても、WordPressのプラグインのように入れたことで動作不良になるといったことは基本的にあり得ない。そのサービスの信用問題に関わるからだ。コーディングやプログラムの知識がまったくなくても、ネットが使えるなら問題なく運営することができる。このハードルの低さが無料ブログサービスの一番の強みである。

また独自ドメインの場合は、ドメイン料とサーバー料も自己負担となる。格安のサーバーなどを使えば年間でも3000〜4000円とそれほどの費用はいかないけれど、ブログサービスは基本無料で使えるのでお金を掛けたくない人にとっても優位だろう。

後はブログサービスではブログ間で交流が発生するよう仕組みを施している場合が多い。サービス内で同じ趣味を持った人はいないか探したり、足跡を辿って訪問し友だちになったりすれば、自然とプレビュー数が上がっていき書くモチベーションも維持できる。

と、ここまで独自ドメインと無料ブログサービスのメリット・デメリットを思いつく限りつらつらと並べてみた。ではどちらがいいのかという話になるが、それはブログをどういった目的で書くのかによって分かれる。

ごくプライベートな文章として、日記の代わりのような感覚で書くのであれば、それはブログサービスが良いと思う。ネットを問題なく使えるのであれば後はサービス側の洗練した操作となるため、迷わず簡単に始めることができる。テンプレートを使えば料金も掛からない。開設したブログから新しい交流も生まれるかもしれない。

一方、ブログをビジネスで使うのであれば、独自ドメインで運営したほうが良いと思う。長くなったので、続きはまた明日。