なぜビジネスのブログは独自ドメインがよいのか

昨日の続き。ビジネスでブログを書く場合、なぜ独自ドメインがよいのか。まずは、単純に体裁がある。会社やお店のウェブサイトを訪問してメニューボタンからブログを選んだ時、リンク先が無料ブログサービスだとその企業のブランド価値が落ちる。

ウェブサイトはその企業の顔となる部分。その中のページのいずれかに無料のテンプレートを使っているとなれば、投資をケチっているということだ。コストを掛けないで運営するのは大切なことだけど、掛けるべき部分は存在する。ウェブはその企業を知るための窓口となる場所である。やはり独自ドメインでオリジナルデザインのものが信頼を生む。

次に、無料ブログサービスだと、何百ページ更新しようとウェブサイトのSEOに貢献しないということがある。トップや企業概要など数ページだけは独自ドメインで、ブログは無料サービスを使っている企業をたまに見かける。本当にもったいないと思う。

ブログも同じ独自ドメインで作っていれば、更新したページ数の分だけサイトの評価が上がり検索に有利になる。しかしブログを無料サービスで作っているとすれば、増えたページ数はそのサービスの評価につながるだけなのである。

ウェブは作って終わりではなくて更新してこそ価値が上昇する。なのでブログを始めるのはとても良いことだと思うのだが、やるのであれば独自ドメインのものにしないとその意味はあまりないように感じる。

後は、突然使えなくなるかもしれないリスクがある。アメブロの規約には、ブログの商用利用を禁止している一文や、ユーザーがアップした文章や写真は運営側が自由に使って良いといった著作権にまで踏み込んだ記載がある。つまり、無料ブログサービスは書いて公開する場を借りているわけで、運営会社によっては判断次第で使用が禁止となったり、写真を勝手に使われたりするリスクがつきまとうのである。

何かの理由でその会社がブログサービスそのものをやめてしまったり、会社自体がなくなってしまえばそれまで苦労して書いた記事はどこか別のところに移すしかない。タイミングが悪ければ、消滅する恐れもある。自分で書いたものなのに、この先どうなるかわからないというあやふやな場所で続けるというのはやはりおすすめしない。ましてやビジネス使用ならそれはリスクとなる。

こういった理由からビジネスに効果的に使うのであれば、独自ドメインを取得してブログを始めることをおすすめします。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。