EDIUS Pro 8をWindows10で動かしてみた(追記あり)

Windowsは2015年7月29日に新しいosであるWindows10をリリースしている。情報を見る限りではかなり洗練されたデザインになっているので、使ってみたいと思っていたのだが、Windows10にした際にエディウスがきちんと動くかが心配だった。

EDIUSの公式サイトを見てみても、「Windows10には後日対応予定」という記載がある。

それで先日、ちょっと時間ができたのでものは試しにとWindows10へのアップデートを行って試してみることにした。

無事にWindows10へと更新し果たしてエディウスを起動させてみると、はた目には異常はないのだが、プレビューがカクカクとして処理落ちしているような状態になってしまった。

さらに編集をしていくうちに動作が重くなり、キータッチのレスポンスがかなり長く(1秒ぐらい)掛かるようになってしまった。

さすがにこれでは仕事にならない。Windows10は一ヶ月以内であれば、以前のosへ戻すことが可能である。早々にWindows8.1へと戻すことにした。

やはり正式にWindows10へ対応されるまではこのままで使っていくことにしようと思う。

追記(2015/11/30)

EDIUS Pro 8が8.1へとバージョンアップして、Windows10へ正式に対応されました。

関連記事
EDIUS Pro 8.1をWindows10で試した