繁盛するお店に存在するひとつの法則

ECサイトでの買い物が増えていっても、流行っているリアルショップというのは世の中に存在する。

月日とともにやむなく閉店してしまう店もあれば、いつ足を運んでも忙しくしている店もある。

世の中の流れに左右されず人気のあるショップというのは、どういう法則があるのか。

オーナーやスタッフがフレンドリー

店が流行るか流行らないかは、もちろん立地や置いている商品、雰囲気、接客、価格など、いろいろな要素がある。

それでも「流行っているお店にほぼ共通していること」というのは存在する。それは、その店にいるオーナーや店員さんの人間性だ。

人間性というのはまさに千差万別なんだけど、間違いなく言えるのは、流行るお店のオーナーやスタッフはフレンドリーであること。

「あの店に行けば、自分のことを必ずすごくウェルカムで迎え入れてくれる」そういう温かい雰囲気がある。歓迎してもらえれば、自分のことを特別に扱ってくれているような気がする。それが気持ちよくて、つい足を運ぶという循環ができる。

親身になってくれると、財布の紐が緩む

Amazonにはレコメンドサービスがある。自分の嗜好に合ったものを紹介してくれる良い機能であるが、リアルショップの仲の良い店員さんは、これをまさに親身になってやってくれる。

「◯◯さんは絶対これが好きだと思うし、似合うと思う!」と仲の良い店員さんから「自分のためのとっておき」を紹介されればやはり嬉しい。「この人が言うなら間違いないだろう」と信頼して、財布の紐を緩めてしまう。

接客の難しいところは、売上が欲しいがためにフレンドリーになったところでうまくいかないという部分にある。人間の洞察力というのは鋭くて、そういう下心は瞬時に見ぬかれてしまうものなのだ。

お客を愛するお店が、お客からも愛される

表面的ではなく、そのお客さんのことを本当に愛する店が、やはりお客さんからも愛されるのである。

なので、「流行っている店は接客が良い」というよりも、「流行っている店は、お客さんのことを親身になって考える。そんな人間性の良い人が多い」というのが比較的成り立つように思う。