使うキーボードは結局Magic Keyboardに落ち着いた

以前、Happy Hacking Keyboard ProfessionalとMagic Keyboardを併用して使っていくというようなことを書いていたのだが、今は結局、Magic Keyboardだけを利用するようになった。

その理由はいくつかあって、一つはなるべくデスクの上はすっきりさせたいと思っているのに、使わないKeyboardが常に一台あるというのは根本的にどうなのかと思ったのがある。

邪魔とまでは言わないまでも、視界の中に余計なものが入っているとそちらのほうに多少なりとも意識が持っていかれることとなる。

それがちょっと嫌だなーと思ったのと、文字を打つ速さで言えばHHKBのほうが優れているのだが、総合的にはMagic Keyboardのほうが使いやすいと判断したからだった。

HHKBは、たくさんの文字を打つという部分だけを見てみればやはり断然速く打つことができる。できるのだけど、ショートカットキーを入力したりカーソルを操作したりということになると、Magic Keyboardのほうが使いやすい。

ごくごく薄いMagic Keyboardであれば、手首をデスクにピタッとつけたまま難なくそれらの作業を行うことができる。

文章を書いているときであっても、カーソルキーは使うしショートカットも利用する。それら総合的なことを考えてみると、Magic Keyboardだけのほうがいいのではないか、そういう結論に至った次第。

また疲労度という意味においても、Magic Keyboardの方が長時間使っていて疲れないというのもあった。

そのうち気が変わって使い出すかもしれないしスペアの意味合いも兼ねてHHKBは捨てずにとっておくことにするが、

MacのOSがEl Capitanに変わってHHKBが使えなくなり
→ 代替としてMagic Keyboardを使い始め
→ 結局、そちらのほうが生産性向上に寄与すると考えてスイッチすることにした

こういったきっかけと流れがなければ、いつまでも思考停止のまま疑いなくHHKBを使い続けていたかもしれない。

同じことを続けているのは、それはつまり停滞しているということ。自戒を込めてこれからも進んで変化を受け入れていきたいと思う。