次の旅へ

台湾へ一人で行ってから4ヶ月。そろそろまた一人旅したい気持ちが高まっている。 あの新しい国へ降り立った時の不安感とワクワク感が入り混じった複雑な感情は癖になる。日本の同じ場所で変わらない日々を過ごしていると、旅への思いが無性に募ってくる。次の旅行先を早々に決め6月ぐらいに行けたらと思っている。 海外を一人で旅して得られるものは多々ある。手垢のついた言葉で、「自分探し」というのがあるけれど、それは当…...

インタビュー時のメモについて

インタビューの仕事を定期的に受けているが、原稿アップまでのフローを意識的に変えることにした。 以前までは話をするときにiPhoneとノート、ペンを取り出し、まずは「音声の記録を取らせていただてもいいですか」と許可を取って、iPhoneのボイスレコーダー機能をオンに。 話を聞きながらペンを走らせノートにも内容を控えるのだが、それは本当にポイントとなる単語を書く程度にとどめておき、自分の意識は話してい…...

差し入れに最適な飲み物

打ち合わせや撮影で現場へ行くと、たまに飲み物の差し入れをいただくことがある。 品物よりもその気持ちが何よりうれしいのでありがたく頂戴するのだけど、ほとんどの場合、渡されるのは缶コーヒーだ。 ここで問題が出てきてしまう。ぼくは缶コーヒーが飲めないのだ。飲もうと思えば飲めるのだけど、進んで口に入れたいとは思わない。 ぼくのように缶コーヒーを飲めない人間は少数派だろうが、確実に存在する。喜ぶ人のほうが多…...

親指シフト習得までのお話

キーボードの入力方法には「ローマ字打ち」と「かな打ち」の二種類がある。このうち、ほとんどの人が使っているのはローマ字打ちだと思われる。自分もある日まではローマ字打ちで入力していた。 しかしローマ字打ちよりも速く打てる打鍵方法があることを知り、スイッチすることにした。親指シフトがそれである。 親指シフトとは、富士通が考案したキー配列による打鍵法のことである。常に両親指はシフトキーに置いたままにして、…...

「いつかやらなきゃ」をなくすには

「いつかやらなきゃ」と思っていることは、「いつまでもやらない」。 「いつかやらなきゃ」と思ったことは、その瞬間にスケジュールに組み込んでしまわないといけない。 例えばクライアントと打ち合わせの予定を組む時、スケジュール帳を見て空いている日時を伝えて調整をするだろう。 それと同じように、自分がやりたいと思っていることも、空いているスケジュールへその予定を入れてしまわないと、いつまでも先延ばしすること…...

ノマドワークより、大きいディスプレイ

「ノマドワーク」という言葉が一時期、流行ったけど、今はどうなんだろう。もう一般的な用語として定着したのだろうか。 自分自身、取材や打ち合わせ、撮影などで外に出かけることは多い。それでもノートパソコンを持ち歩いてノマドワークをする頻度というのはかなり減った。 その理由は3つあって、一つは持っているラップトップが2キロぐらいの重さがあること。 重いというだけで持っていくのが億劫になる。撮影であればその…...

目を向けるべきは「市場」

モノを作る上で非常に重要になるのが、「どこにゴールを設定するか」だと思っている。 もうちょっとくだけた表現をすれば、「誰の目を気にして作っているか?」ということになる。 自分自身を表現するアーティストは別として、商業ベースにのるようなモノを制作する際には 発注者がいたり、それを購入する人がいたり、サービスを受ける人がいたりする。 その中でも広告系の仕事に関して言えば、よくやりがちな罠として思うのが…...

ブログのカテゴリを細分化した

このブログを書いている目的は色々あるのだけど、その一つに「ブログの運営方法を共有したい」というのがある。 つまり自分が実験台となって、プレビューを上げるためにやってみたことや、書くことがなくなった時に試してみたこと、毎日書くために実行したことなどを記してみて、ブログを書いている人やこれから書こうと思っている人の参考になればと思っているのだ。 それで最近の悩みというかちょっとした問題の一つとして、「…...

ジョギング習慣化作戦

習慣にしたい自分の行動の一つにジョギングがある。 仕事の中心がデスクワークとなっているので、日中はずっと椅子に座ったままである。 iPhoneにプリインストールされている歩数計を見てみると、歩かない日は一日500歩とかの日も出てくる。 これはさすがにやばいと思い始めて、せっせとジョギングに出掛けるのであるが、弱ったことにこれが本当に続かない。習慣化できないのである。 以下に、今年に入ってから1月〜…...

コーヒー豆の保存場所

相変わらず毎日、コーヒーを飲んでいる。コーヒーは豆のものを買ってきていて、毎朝飲む分だけの量を挽いて飲んでいる。 少し前までは、買ってきたコーヒー豆を密封容器に入れて、キッチンの棚の上にしまっていた。「冷暗所で保存」がいいのだろうと思って、特に何も考えずにそうしていたのだ。 「冷暗所」といえばすぐに冷蔵庫が思い浮かぶけれど、冷蔵庫は結露して豆に水分が付いてしまうそうに思いやめていたのだ。 それが先…...