50歳までに50カ国

2016-02-04 9:01

去年から海外へ一人旅に出ようと考え、15年2月には香港、12月には台湾へと2カ国に行くことができた。

 

今年もできれば7月の頭ごろに一カ国、12月ごろに一カ国の計2カ国行ければと思っている。

 

こうしてこれから先も海外への旅は続けていく予定なのだが、ただ適当に渡航を続けるだけではつまらない。なので、訪問する国数の目標を作ることにした。

 

香港・台湾以外にもアメリカとカナダへ行ったことがあるのだけど、それは団体旅行だったのでカウントしないことにする。目標数の対象は基本的に、一人旅での訪問国とすることにした。その目指す数は、50歳までに50カ国である。

 

ただし、どこかの国へ行くためにただ通過しただけの場合はこれに含めない。その際に一泊でも滞在したのなら数に数える、そんなルールを自分の中で作った。言うなれば、自分だけが参加する世界一周ゲームである。

 

今、僕は42歳で、今年の2月20日には43歳となる。50歳までの残された時間は7年とちょっとだ。約7年であと48カ国行くとなると、単純に1年間で7カ国弱渡航する必要がある。

 

1年で7カ国は自分にとってかなり壮大な目標だ。こういうハードルを設けておいて何なのだが、取りあえず今年は7カ国も行くのは無理だろう。

 

そうなるとその「つけ」は再来年以降のどこかで払う必要が出てくるので、7年間のうちのどこかの地点で、一年間に10カ国以上回るようなブレイクスルーのポイントを作りたい。

 

極端な話、そのポイントが46歳で訪れれば、毎年10カ国の訪問で50歳までに50カ国クリアできることとなる。

 

一つの目標を掲げてそのことを常に意識していれば、自分の行動はそれを達成するため自然と調整されるものである。

 

なので自分では意識しないうちに、これから海外へ行く必要のあるような生活へと徐々にシフトチェンジしていくように思う。

 

そう考えると、おそらく僕にとって「50歳までに50カ国へ行く」という目標は、自分をどんどん変えていくためのきっかけづくりに過ぎないと感じる。

 

常に自分は変わりたいと思っているのだ。現状維持のまま後退していきたくはない。

 

もっと海外へ行くことが自分の中で当たり前になって、50カ国ぐらいの数はあっという間にクリアしたい。

 


Category:

tags:



«
»