Gmailの一番良い点は、「送信取り消し」ができること

自分は仕事用に使っているメールをGメールに転送するようにしてあり、パソコンがなくてもスマートフォンのメールアプリで確認ができる。プランベートのアドレスはGmailにしてあるので、プライベートも仕事のメールもすべて一元管理できるのでとても便利だ。

少し前までは、パソコンの場合はマッキントッシュにプリインストールされているメールアプリを使用してGmailを使っていた。アップルが作るアプリらしく、余計な装飾がなく使っていて気持ち良く、また純正のアプリなので動作も機敏である。

特にそれで不満なくいたのだが、しばらく使ってから結局、ブラウザ上のウェブアプリである純正のGmailを使うようになった。

使いやすさという面では正直いって大差なく、どちらでもいいといえばいいのだけど、純正のGmailにはアドバンテージとなる大きな機能が一つあるのだ。それは、送信ボタンを押した後でも最大30秒以内であれば送信を取り消しできるという機能である。

この機能は、設定画面 > 全般 > 送信取り消し にチェックを入れれば有効にできる。取り消せる時間は、30秒の他、20秒、10秒、5秒と設定が可能である。余裕のある方が断然ありがたいので、基本的には30秒に設定して使っている。

送信した後に、大事なことを伝え忘れて何本もメールを送ったり、逆に余計なことを書いてしまって後悔するということは多々あるものである。何度か苦い経験をするうちにそういったミスは少なくなるのだけど、それでも慌てている時や感情が高ぶっている時などはどうしても発生する。

この「送信取り消し」機能は、もしそういうミスをしてしまった場合も、水際で止めることのできるとても良い機能である。

他のメールサービスでも(Macの純正アプリにも)付けてくれればいいのにと思う。ということで、今ではブラウザ上でGmailを開き、送信・返信時には「送信取り消し」によってたまに助けられている。