ScanSnap Evernote Editionの使い心地

去年の年末に、新しいスキャナーを買った。Evernote Editionというエバーノートとの連係に特化したものを購入した。

スキャナーは一台持っていたけれど、ガラスの読み取り面に紙を置き、蓋を占めてスキャンボタンを押すというもので、スキャンが終わったら自分の手で次の紙へと入れ替える必要があった。それだとスキャン枚数がかさばった時に余計な時間を取られる。

時間を取られるから結局、スキャンはそれほどしなくなっていったのだが、資料だけでなくレシートにしろ領収書にしろ、すべてスキャンを取ってデジタルデータにしてしまえば、後々をことを考えると楽かなーと思い始めた。

何しろこのデジタル化のご時世にあっても、紙でもらう書類の数はまだまだおそろしいものがあるのだ。ということで新しいスキャナーを買おうかと検討している時に、上記のScanSnap Evernote Editionの存在を知り購入へ至ったという次第である。

自分が買った時の価格は44,800円(税込)で、エバーノートのプレミアムプランが一年分、もれなくついてくるという特典付だった。プレミアムプラン一年分は4,000円(税込)なので、実質40,800円で買えたことになる。(今、そのプレミアムプランのついたエバーノートのサイトを探してみたのだけど、見つけることができなかった。もうその特典は終了したのかもしれない)

届いてから早速、パソコンへ繋げてみて、一枚スキャンしてみた。それまで一枚一枚を手で置いてスキャンしていたわけだが、その牧歌的な行為に比べ圧倒的に進化していることを体感した。

何しろ、読み取りが速いのである。紙を入れてボタンを押した瞬間に紙が飲み込まれていき、ものの数秒で吐き出されていく。こんなのでほんとに読み取れたのか?と最初は疑問に思ったが、これがちゃんと鮮明にスキャンされているのだ。しかも両面スキャンも可能となっている。驚きである。

Evernote Editionというからには、スキャンされたデータはそのままパソコンへインストールしているエバーノートの中へ保存されるわけであるが、その優れた点はただデータを自動で格納できることにとどまらない。

最も特徴的なことは、紙の種類を識別しそれを指定したノートブックごとへ振り分けられるところにある。

その種類は、「文書」「名刺」「レシート」「写真」の四種類。

つまり紙をスキャンすれば上記4種のうちどれに当てはまるか確認して、フォルダ的な存在であるノートブックへ入れてくれるのだ。これはただスキャンするというレベルを越えて、スキャン専用の秘書を一人雇うようなものである。

人間のやることはこうしてどんどん減っていくのだ。すばらしい!と感動して使っていたのだが、いかんせん「名刺」、「レシート」、「写真」の区別をたまに間違えるのがいただけなかった。

百円パーキングのレシートなどは、たまにカード型のものをもらうことがある。それは100%の確率でレシートと認識されずに、名刺のノートブックへ入れられる。ダイレクトメールも文書ではなく写真に入ることがあるし、広告のついたレシートも名刺に入ることがある。

すごく使えそうな機能だと思いきや、そこそこの確率で識別を間違えるので、結局はスキャンしたものを一つのノートブックへまとめて入るようにしてその後、手動で振り分けることとした。

そこだけが難点といえば難点だが、読み取りの速さや鮮明さ、エバーノートへ自動で保存されるところなどはとても満足。スキャンすることが日常になって、紙資料がその辺に転がっているということは基本的になくなった。

資料の探しものをするときも、紙の中から探さずにエバーノートへ保存したデジタルデータから検索を使い瞬時に探し出せる。このスキャナを導入する前と後では、仕事の効率に結構な差が出ている。

それを考えると40,000円ほどの購入費は1年も経たずに回収できそうである。設備投資はやはり大切だ。