時間はある

2016-03-07 7:36

2月中旬辺りからかなりスケジュールが埋まり始めて、今は相当タイトな進行で色々なことが動いている。

 

なのでつい、「時間がないな」と思ってしまうのだけど、時間がないということはない。普段の行動を見直していけば、ムダなことは結構やっているものである。

 

例えば何か作業をしようとして、資料を別の場所へ取りに行ったとする。資料を取ってきてから同じ場所に置いてあるハードディスクが必要だったと気づき、またそこへ歩いて行く。こういうのは2回そこへ行く分、数秒間のムダな時間を使っている。

 

これらの積み重ねに気をつけて行動していけば、1日で30分くらいは時間が増えるように思っている。

 

パソコン上で作業するときも同様である。例えば、提出のためのデータを作成していて、できあがったらメールで先方へ送るという流れがある。

 

その送信の際に、それまではファイル名を書き直して送っていた。作業中は自分が管理しやすいよう、クライアント名とデータ種別、日付を「abc_text_0306」といった感じでつけていて、いざ送信するときには、「0306」というように日付だけに書き換えていたのだ。

 

これは「余計な事柄を付けないでおこう」みたいになんとなくやっていた習慣なのだが、その書き換える分だけ余分な時間を使っていたことに気づいた。

 

おそらく先方にしろ、受け取ったデータ名は自分が管理しやすいように書き換えるだろうし、そのまま使うにしろ特に不都合のあるネームではない。

 

なので今はリネームせずにそのまま送るようにした。これだけでも1日に5分くらいは節約できるように思う。

 

時間がないからといって、睡眠や食事など体力に直結するものを削ってはいけない。それらを削ると結局効率が落ちたり、将来的に身体を悪くするなどもっと余分な時間を取られてしまう。

 

それより自分の普段の行動をきちんと見直していけば、手に入れられる時間というのはまだまだあると思っている。

 

「時間がない」というのは嘘である。時間はたっぷりあるのだ。

 

作業に割り当てる時間が取れないとすれば、細かい部分での優先順位付けが完璧にできているかどうか、自分の行動を見なおす必要があるということである。

 


Category:生活

tags:



«
»