テキストエディタを探す旅が終わらない

テキストエディターは、MacにプリインストールされているPagesを使っていた。使っていて心地よく感じたのでしばらく採用していたのだった。

しかし、このPagesというアプリは動作が重いのである。立ち上がりに結構待たされるし、たまにクラッシュして起動しないこともある。

文章というのは、「書こう」と思ってすぐに打ちはじめないと、上手くいかないケースが多々ある。いざやろうとなってからアプリの起動で待たされてしまうと、その気持ちがしぼんでしまうこともある。

なのでPagesは、いつの間にか使わなくなっていた。

その後は、iText Expressを使うようになった。これは軽快に書ける上に一行の文字数や行数を細かく設定できるので、かなり便利だった。

さらに command+y を押せば、ドラッグ選択している範囲の文字数が表示される。文字数・行数の設定ができ、書いている途中の文字量がわかれば、かなり作業は効率的になる。

しばらくはこれを使っていこうと思っていたのだが、YosemiteにOSをバージョンアップしてからは、作成したテキストファイル開くときに、「“〇〇”は、開発元が未確認のため開けません」。というアラートが出るようになってしまった。

右クリックで「このアプリケーションで開く > iText Express」を選択し、

“〇〇”の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?

と表示されたアラートで「開く」を選択すれば、ようやくファイルをオープンすることができるのだけど、毎回、毎回、開くだけのために余計な手順を踏むことになる。

これはさすがにだめだなーと、最近になって考えなおし、再び色々なエディターの情報を入手した結果、とりあえずはJedit Xを使うことにした。アプリ自体の動作も軽い。文字数もリアルタイムで表示される。行数の指定もできる。

今のところは、使う分には問題なさそうだ。しばらく使ってから、Jedit Xの使用感も書いてみたいと思います。

もちろんエディター選びはこれで終わりというわけではなく、何か少しでも効率的なものはないかと、絶えず探し続けたいと思う。