Kindleの新モデル、Kindle Oasis 発表

先日、Kindle Oasisという名の新しい端末が発表された。発売は4月27日。以下にその特徴をまとめてみる。

まずは軽く薄くなった

先日、Kindle Voyageの軽さを絶賛したばかりだが、さらに50グラムほど軽く133グラムとなっている。形状も右手で持った時にバランスが取れるように、右側にスペースが多く取られた左右不対象なデザインとなっている。

フロントライトがより明るく、見やすく

解像度はKindle Voyageと変わらず300ppi。使用するLEDの量を60%増量したようである。屋外での読書に効果を発揮しそうだ。

バッテリーの駆動時間が圧倒的に長くなった

付属品としてバッテリー内臓のカバーがつくようになっている。本体のバッテリーが低下してくると、カバーから電力を補給する仕組みのようだ。本体とカバー合わせて、その駆動時間は数ヶ月。その長さはブックリーダーとはいえタブレットの常識を越えている。

特徴はざっと並べてこのような感じである。読書体験がより快適になるようチューンナップされたイメージだ。これで2万程度なら即買いなのだけど、気になる値段は4種類。

・Wi-Fi キャンペーン情報つき 35,980円
・Wi-Fi キャンペーン情報なし 37,980円
・Wi-Fi+無料3G キャンペーン情報つき 41,190円
・Wi-Fi+無料3G キャンペーン情報なし 43,190円

買うとしたら最後の「Wi-Fi+無料3G キャンペーン情報なし」になると思うが、その価格は43,190円である。気軽に買い換えてみよう、とはならないお値段だ。実際、今使っているKindle Voyageでも満足度はかなり高いのだ。

130グラムという大幅な軽量化はすごく魅力なのだけど、どうしようかレビュー記事を拾い読みしながら少し考えてみよう。