ジョギング習慣化作戦

習慣にしたい自分の行動の一つにジョギングがある。

仕事の中心がデスクワークとなっているので、日中はずっと椅子に座ったままである。

iPhoneにプリインストールされている歩数計を見てみると、歩かない日は一日500歩とかの日も出てくる。

これはさすがにやばいと思い始めて、せっせとジョギングに出掛けるのであるが、弱ったことにこれが本当に続かない。習慣化できないのである。

以下に、今年に入ってから1月〜3月までの頻度を晒してみる。

IMG_0939

IMG_0940

IMG_0941
1月、2月の金沢はとても天気が悪い。その中でそれなりには走っていると思う。

でも見てみるとわかるのだが、すごく走っている週があるかと思えば、全然走らない週がある。

2月の前半ははりきって何回もジョギングにでかけていて、週に5回も走っている日があるのに、後半になるとまったく走らない週が出てくる。

3月は月に4回だけとみるも無残な結果である。

これはひとことで言うと、習慣になっていないことが原因だ。

三日坊主の典型で、「よしがんばって毎日走ろう!」と思うと意志の力が続く限り毎日がんばるのだが、一度その気持ちが途切れると後はまったくやらなくなる。

しかし走らない日は最初に書いたように、全然歩くことをしないのだ。

「これはいかん、なんとかしないと」と思ってみても、また「よしがんばって走ろう」とやり始めたところで走らなくなるのは目に見えている。

なので、継続して走るために対策を考えることにした。

1 毎日走るのをやめる

そもそも毎日走ろうとするから続かないのだと気づいた。金沢は雨が多いので、天気が悪いと「今日はやめとこう」となる。

一度、そうやって自分を甘やかすと「毎日走ろう」が「走れるときに走ろう」になって、しまいに「気が向いたら走るか」になる。そもそも「毎日」というハードルが高いのである。

なので、とりあえずは週に2回を目標にすることとした。一度に走る時間は30分なので、週に1時間の投資だ。このくらいであれば無理なく続けられるはずである。

2 走る日の時間帯をブロックする

次の対策は、実際に走る日時を決めてしまうことである。

「週二回、この曜日のこの時間に走る」と決めたら、スケジュールにその予定を入れてしまうのだ。

そして他の予定が入りそうな時でも、先に入っている「走る予定」を優先させる。

こういった自分と交わす約束を守らないと、自己肯定感が下がってしまう。なのでブロックした予定は優先することにした。

3 予定に柔軟性をもたせる

といっても天気の悪い日があれば、いつも良くしてくれるクライアントから急なお願いをされることもある。

それらをすべて押しのけて自分の予定を優先するというのも、ちょっと違うような気がするので、予定に少し柔軟性を持たせることにした。

ブロックした日にどうしても走れなければ、「週二回走れればいい」と割りきって、次の日へずらすことにしたのだ。

いくらなんでも、週に1時間くらいをまったく取れないということはあり得ないので、こうすることで習慣を継続することができる。

以上のように考えて始めたのが今月入ってからのこと。4月16日現在までの状況は以下の通り。

IMG_0942
まだ二週間なのだが、なんとか順調に走れてきている。

このペースを半年くらい掛けて習慣化していき、週に3回、4回と徐々に回数を増やしていければと思う。