差し入れに最適な、おすすめ飲み物【缶コーヒーはやめときましょう】

打ち合わせや撮影で現場へ行くと、たまに缶やペットボトルの飲み物をいただくことがあります。

その気持ちが何よりうれしいのでありがたく頂戴するのですが、缶コーヒーを渡されることがよくあります。

ぼくは缶コーヒーが飲めないので、この差し入れには正直困ってしまいます。

ぼくのように缶コーヒーを飲めない人間は確実に存在します
では、差し入れには何を買ってくるのが正解なのでしょうか。

おすすめは、ペットボトルのお茶です。

その理由を説明します。

SPONSORED

差し入れに最適な飲み物とは?

いちばん良いのは、「飲み物買ってきますけど何がいいですか?」と聞くことです。
それが何より確実。

遠慮しても最終的には欲しいものを言ってくれます。
本人が飲みたいものを渡すのがいちばんです。

でも、話しかけづらい状況もありますよね。

となるとこちらで推測して買ってくるわけですが、「ほとんどのひとは缶コーヒーが好きだろう。それが無難だろう」とするのは短絡的です。

特に缶コーヒーは糖分が多いです。
年配の方なら健康を考えて糖分を気にしているひともいるはずです。

健康志向のひとが増え、嗜好は単純ではなくなった

おそらくひと昔前なら多くの人がタバコを吸っていましたし、缶コーヒーを喜んで飲んだでしょう。

時代は変わって、ぼくの周りでタバコを吸う人はほとんどいなくなりました。

缶コーヒーはいわばタバコとセットで喜ばれるアイテムです。
喫煙者が少なくなり健康志向のひとが増えた今は、昔ほど嗜好が単純ではなくなりました。

そのため差し入れで最も良いのは、健康を損ねる可能性の低いお茶を買ってくることです。
もし缶コーヒーを渡すなら、無糖のブラックにしましょう

コンビニへ行くと、お茶だけでもすごい種類があります。
3人へ買っていくなら、それぞれ別の種類のお茶にすると選ぶ楽しみが生まれます。

それに日本人は、なんだかんだいってお茶が好きなんです。
缶コーヒーやジュースに顔をしかめるひとがいても、お茶で嫌な顔をするひとはいません。

ということで、差し入れにはペットボトルのお茶をおすすめします。

関連記事

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。