タイ行きのチケットを取った

2016-05-02 8:04

先日、旅について少し書いたけれど、昨日の夕方にスカイスキャナーを開き、次の旅行先の飛行機とホテルのチケットを取ることにした。

 

行き先はタイである。期間は、6/13〜6/16の4日間。

 

相変わらずどんな名所旧跡があるのかまったく現時点ではわかっていないが、取りあえずムエタイは見てみたい感じではある。現地からは写真を数枚アップして、日本へ帰ってきたら旅行記を書こうと思う。

 

 

最初に1人で海外へ行ったのは、去年2月の香港だった。その時は行こう行こうと思いながら飛行機のチケットを取るまでには思い切れずに、半年間ほど先延ばしにし続けていた。

 

今回予約したタイへのチケットはそれほど躊躇することなく、良いと思えるチケットを冷静に選びすぐに行動へと移すことができた。躊躇する時間がほとんどなく購入へいたったのは、3回めの一人旅ということでさすがに慣れてきたのがある。

 

そしてこれまでの経験から、「どうしようか」と迷っている時間が本当に無駄なものだとわかったのもある。

 

迷っている時間とは、何も行動していない時間ということである。

 

考えているのならまだ良い。考えるときに人は手を動かす(行動する)からだ。問題点や解決する方法を紙に書いて整理したり、ネットで効果的な情報を得たりする。

 

でも悩んだり迷ったりするときに、人は行動をしない。頭の中でネガティブなイメージを繰り返すだけである。

 

当たり前のことだが、行動しないと物事は進展しない。

 

香港へ1人で行こうかどうしようかと散々迷っていた半年間という時間は、一人旅という意味では何もしなかった時間だ。無為な時間である。

 

今の自分なら、その半年間でもう一カ国行ける。そしてもう数年した頃には、3カ国、さらに先には5カ国行けるイメージがある。

 

自分の感覚で、人生の折り返し地点は過ぎていると感じている。迷ったり悩んだりやりたくないことをしたりすることで、無駄にする時間はもはやない。タイの次の国も自分の中では決まっている。

 


Category:

tags:



«
»