facebookの主となる2つの機能

2016-05-21 7:45

先日、結婚式のムービー撮影の仕事があり、自分ともう一人が現場で落ち合うことになっていた。

 

先に現場についてセッティングをしていたが、もう一人は集合時間を過ぎても現れる気配がない。

 

まあ大丈夫だろうとは思ったけれど、とりあえず一本電話を入れてみようと考えた。何かしらのトラブルがあって大幅に遅れるような感じであれば、自分の動き方も変わってくるからだ。

 

そう思い電話帳を検索してみたのだが、その方の名前は入っていなかった。電話番号を登録していなかったのだ。

 

どうしようかと少し考えて、「そういえばfacebookで友達になっていたな」と思い出した。スマホのメッセンジャーを起動させその方の名前を検索し、画面右上の電話ボタンを押した。

 

そうなのだ。facebookのメッセンジャーアプリは、LINEのように無料通話を掛けられるのである。

 

初めて使ってみたのでちゃんと通話できるか心配だったが、ほんの2コールくらいで相手が出てくれた。しかも通話品質もクリアで良好である。

 

話を聞くとどうやら会場内で迷子になっていたようである。通話をしながらお互いの居場所を確認し、無事に探し当てることができた。一件落着だ。

 

こうしてみると、SNSというのは2つの特性を持つことがわかる。

 

一つは、タイムラインに自分の日常の出来事などを投稿して、周囲に知らせるという機能。基本的に主となる使い方はこれになるだろう。

 

もう一つは、単純に電話やメールのようにインフラとして利用するという面がある。

 

今回のメッセンジャーでのやり取りがその顕著な例だ。一昔前はお互いの電話番号やメールアドレスを聞き合わないと連絡できなかったが、今はSNSでつながれば簡単にコンタクトが可能となる。

 

このインフラとしての機能はかなり便利だ。facebookをもっと積極的に使おうと思った。

 


Category:未分類

tags: ,



«
»