タイ旅行記 3-5 ミズオオトカゲ現る

2016-07-30 8:47

タイ旅行記の32回目です。

雨が上がったのを見計らって道路へと出た。もちろん片手にはスマホのナビゲーションを起動させている。

スタジアムへの道をナビに従って進んでいくと、思わぬ光景に出くわした。オオトカゲが歩道を歩いているのである。

27594029160_45cb749ace_o

体長1メートルほどあろうかというオオトカゲ。警官らしき人が近くにいて何やら無線で連絡を取っている。近寄るなといった感じで僕にジェスチャーをしてきている。

もちろん近寄りはしないが、記念に一枚写真を撮った。一体、どこから出てきたのだろうか、このオオトカゲは。タイではそれほど珍しくない感じなのだろうか。謎である。

ちなみに帰国後、気になって調べてみたところこのトカゲはミズオオトカゲといい、タイではかなりポピュラーな動物のようである。

いわゆる残飯を食い漁るカラスや野良猫と同じような扱いで、民家にもよく出没するらしい。世界は広い。オオトカゲが普通に道を歩いている国があるのだ。

ミズオオトカゲのポイントをスルーしてさらに歩道を進んでいくと、買い物帰りらしい白人のおばあさんが僕に目を合わせ「どこに行きたいの?」と英語で聞いてきた。

見るからに観光客っぽい感じに見えたのだろうか。タイで声を掛けられたのは、空港を出てすぐの道と今回で2回めである。

「スタジアムです。ムエタイを見るんです」みたいなことを英語で返すと「だったら行き方を教えてあげるわ。まず◯◯番というバスに乗るでしょ、それから◯◯番というバスに乗り継いで…」みたいな感じで話し始めた。

いや、バスに乗らずとも徒歩10分ぐらいで着けるみたいですが。

ナビを見ながらそう思い、「バスはやめときます。歩いていけそうだから。ありがとう」とお礼を言うと、「ええ!!歩いて行くの??それは大変よ!!」とすごく驚かれた。そして今度は、「だったらまずはこの道の先を左に曲がって、その後に…」と徒歩での行き方を説明し始めた。

ありがたく思って聞いみたが、なぜだかナビとは逆の方向を説明してくれる。ほんとにそれで着けるんかいな、と思ってみたが嘘をつきそうな人には到底思えない。というか嘘の道順を教えたところでこの人に何の得もないではないか。

ともかく一通り道順を聞いた後にもう一度お礼を言って、彼女が言うとおりに歩いてみた。

しかしそのうちどこを歩いているのかよくわからなくなり、結局は元いた船着場の前に出てきてしまった。10分くらいかけて町中をぐるっと一周してきたわけである。

もちろん教えてくれた道順とは違った道を歩いてしまったのだろう。改めてナビを起動し、今度はグーグルマップの示す方向へと歩いてみた。

その結果、やはり10分程度で目的地のラーチャダムヌン・スタジアムに到着することができた。まだ試合は始まっていないようである。うむ、まあ開始前に辿りつけてよかった。

27594028930_2215ab0049_o


Category:

tags: ,



«
»