UBERを使ってみた!

先日、所要があって東京へ出掛けていた。一泊二日のほんの短い間、北陸新幹線かがやきに乗って行ってきたのである。

用事のあったのは初日のみ。二日目はそのまま地元金沢へとんぼ返りする予定だった。

品川のビジネスホテルをチェックアウトし品川駅まで歩いて行こうとしたその時、「そうだ、試しにUBERを使ってみよう」と思い立った。

UBERのことをご存知だろうか。

この間、地元で10人くらいが集まった時、試しにこの質問をしてみたがそのうち知っていたのは2人だけだった。やはり地方ではまだ使えないので知名度がほとんどないんだなと再確認した。

UBERはスマホアプリを使って呼び出せる配車サービスのことである。

使い方は、まずアプリを起動して車に乗る正確なポイントを地図上でタップする。行き先を入力し見積金額を表示し、問題なければ配車を依頼。すると一番近くにいるUBER登録車両がピンポイントでその場所まで駆けつけ、目的地まで自分を運んでくれるのだ。

アプリにはクレジットカードを登録することになるので、支払いは自動的にカード決済となる。到着すればキャッシュのやり取りもなくそのまま降車となる。

ちなみに乗車・降車の際はドライバーさんがドアを開けてくれる。

UBERのポイントを箇条書きでまとめると以下の様な感じ

・アプリで呼び出せる
・アプリで目的地を設定できる
・アプリ上で見積もり金額を知ることができる
・ドライバーはUBERに登録したユーザー
・ドライバーも目的地をネット上で把握しているので、行き先を告げる手間がない
・決済はクレジットカード

などなど

これを使ってみた印象は、「おそろしく便利」の一言に尽きる。

アプリをピピっとタップして、後は待っているだけ。車内に入ってから行き先を告げることも、料金の心配も、降りる際の代金のやり取りも、そういった面倒な手間がすべてカットされる。

これは利用者だけでなく、登録したドライバーにとっても嬉しい話だ。コミュニケーションが苦手な人でも画面上で指示を受け動き出すことができるし、料金をきちんと払ってくれるかという心配も考えなくてよい。

こんな便利なサービスはぜひ全国に広まった欲しいと思うのだが、現状は東京都内の一部地域に限られている。残念な限りである。

しかしUBER進出のおかげか、都内タクシーはサービス向上のきざしを見せ始めている。こうして新たな産業が誕生し、競合同士がサービスの質を高め合うのは市場原理に即していてとてもいいことだと思う。