必ずミラーレス一眼が主流になる

ミラーレス一眼とはその名の通り、通常の一眼レフカメラに付いている反射ミラーを取り払った機種のことだ。

反射ミラーとはファインダーから覗くことで被写体の姿を正確に映し出してくれるパーツのことである。ミラーレス一眼はその反射ミラーを取り払い、液晶ディスプレイや電子ビューファインダーを通して被写体を確認する仕様となっている。

反射ミラーがないことで、軽量化と小型化という利点が発生する。反射ミラー分の物理的な幅をすっぽりなくすことができるため、通常の一眼レフカメラに比べて小さく薄い。

また電子ビューファインダーを通し被写体を見ることで、ホワイトバランスや露出、被写界深度の調整がそのまま反映されるメリットもある。

通常の一眼レフカメラではファインダーから覗く像の姿は一定である。ホワイトバランスや絞りをどういじろうと、反射ミラーを通して見える視界の色や明るさは変わらない。

そのため一眼レフカメラでは写した後、イメージ通りに撮れているかモニターで確認する必要があるが、ミラーレス一眼はファインダー内でイメージを追い込んでいくことが可能だ。これは軽量以上にミラーレス一眼の利点かもしれない。

もちろんミラーレス一眼にも欠点はある。ファインダーを覗くだけで電源を起動するため、バッテリーの減りが速い。そしてもう一点、歴史が浅いため、交換レンズの種類が少なく価格も高い。

一眼レフカメラを持っていれば、無理して買う必要性はほとんどないかもしれない。しかしこれからの大きな流れとして、必ずミラーレス一眼は主流となる。

今はまだプロのほとんどが一眼レフカメラを使用しているが、ある境が来たら堰を切ったようにミラーレス一眼へ移行するはず。その流れに巻き込まれて慌ててしまわないように、今のうちに準備を始めたい。

これまでのミラーレス一眼は長所もたくさんあるけれど最大の欠点として、センサーサイズが小さく一眼レフカメラに比べて画質が劣るということがあった。

いくら軽量で使いやすいといっても、プロの仕事として用いる以上は画質の良さが最優先事項となる。

しかしそこにソニーが、α7というフルサイズのモデルを発売。上記のような長所に加え、画質も通常の一眼レフカメラに引けをとらないくらいキレイものとなった。

価格もこなれてきているしそろそろミラーレス一眼を購入して、仕事で使うカメラを移行させていきたいと思っている。

何を買おうかと思っているのだが、今やミラーレス一眼の種類も豊富となった。今秋にも富士フイルムが人気機種X-T1の後継機であるX-T2を発売する。

他メーカーにも新発売の動きがあり、そうなるとこれまでのモデルの価格も落ちるだろうから果たして何を買うのがベストなのかと迷いまくりである。