改めて思う、オリンパスAIRの魅力

カメラの話を続けているついでに、オリンパスAIRのことも書いておこうと思う。

最初は今ひとつ使い所がわからなくて放置していたりもしたが、イベント時などには頻繁に携帯するようになった。その理由は3つほどある。

ひとつには、何よりも小さくてかさばらないというのがある。先日、何本か続けてフジロックについてのことを書いた。記事のいくつかに画像を添付したのだけど、実はそれはすべてオリンパスAIRで撮影したものである。

バッテリーの消費が激しくなるためスマホを起動せず本体のみで勘で撮影し、その中で一番よさ気なものをアップしていた。構図など確認しないまま撮っているため、すべての写真が傾いているのはご愛嬌。どれも一眼レフカメラならではのそこそこクオリティの高い写真となっており、満足している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フジロックのような体力を消耗するイベントには、とてもじゃないがガチの一眼レフカメラを持っていく気にならない。その点、オリンパスAIRであれば、ウインドブレーカーのポケットに入れておける。小さくて一眼レフカメラのクオリティで撮れる。それが一番の利点だ。

二つ目には、スマホとWi-Fiで連携できるという点。今はスマホと連携できる機種が増えていると思うが、手軽にSNSへアップしたい時なんかは本当に便利な機能だ。オリンパスAIRも撮影後にはスマホと繋いで画面上で画像を選択、アプリを用いて補正もできる。そのままInstagramへどんどん上げていた。

小さいオリンパスAIRだからこそ撮れるユニークな写真もある。やはりそういうものはたくさんの人に見てもらいたい気分になるもので、その点オリンパスAIRは一眼レフカメラながらタイムラグなくその場でアップできるのが良い。

三つ目には、単純にそういうカメラを持っていると楽しいというのがある。スマホにもカメラ機能はついているが、キレイに撮れるようになったとはいえやはり記録的に撮るという意味合いが強くなってしまう。なんとなく、取りあえず画像に収めるという感じになってしまうのだ。

その点、オリンパスAIRはまず独特な形状というのが使っていて楽しいし、ハマった時には美しい写真を撮れることがある。もちろんスマホを起動させて、モニターを見ながらガチ撮りすることも可能。一台持っているだけで、いろいろな意味でテンションが上がるのだ。

持っているオリンパスAIRにはレンズキットでついていた標準ズームレンズのみを装着させている。近々安い単焦点レンズを購入して、オリンパスAIRにおいても撮影のバリエーションを増やしたいと思っている。

作例 オリンパスAIR A01 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

28002009732_5bca0002a0_k

27824365020_7fc6e39b9a_k

28027160771_24f1ec2a40_k

28104611175_ccf1a039d2_k


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。