情報取得の縦と横のバランス

これまでに何回かフェイスブックについての記事を書いているが、見事にネガティブな論調の投稿ばかりである。

つまりこれまで自分にとってのフェイスブックとは、「時間を際限なく奪っていき、その割に見返りの少ないもの」というあまりよろしくない認識だったのだ。

しかし最近、この考えを改めるようになっている。巡回するサイトの中に必ず入っていて、一旦見出すとそれなりの時間を使うようになった。その結果、時間を浪費したという意識はない。

では自分の中でどういう変化があったといえば、フェイスブックもツイッターやNEWS PICKSと同じようにキュレーションメディアとして使うようになったのだ。

フェイスブックというのはもともと、リアルな友達とネット上でもつながることを目的としている。そのため最初の使い方としては、実際に知っている人をフォローしあって近況をタイムラインを通して知るというものだった。

しかしそういう使い方をするとストレスの掛かるものとなる。SNS上へアップする近況というのはどうしてもポジティブなものになるし、それを見ると「いいね!」しないと悪いように感じてしまう。この「いいね!」を押すことがそもそも面倒というのがあるし、さらに自分が近況をアップした際、今度はどのくらい「いいね!」がつくか気になってくるということがある。

最終的にはリアルな友達と承認欲求を満たし合う互助会みたいな働きをしだして、ネット上で繋がること自体が億劫になるのと、そういう目的のことに時間を使うのがもったいないと感じるようになったのだ。

そう思ってしばらく放置していたのだけど、よく考えたら「友達」にならないとタイムラインに情報が流れないかというとそんなことはなく、気になる人がいれば「フォロー」という機能を使って情報を取得することが可能なことに気づいた。この「フォロー」を積極的に使用することで、フェイスブックをキュレーションメディアとして利用できると思ったのだ。

ビジネス系の人は特にフェイスブックを積極的に使い、目に留まったサイトをシェアしてくれる。それを見るだけで取りこぼしている記事を見ることができるし、自分の支持している人がどのようなニュースに興味を持っているか知ることもできる。

こういう使い方をすると、「じゃあツイッターと何が違うの?」という意見が出てくるかもしれない。フェイスブックの大きな特徴はクローズな空間ということである。基本的にログインしないとタイムラインを見れないし、「友達」や「フォロー」をした人にだけ記事を公開するという設定にしている人も多い。

多少、閉じられた場所であると発信者はいくらか本音の部分を見せてくれるものである。さらにシェアされた記事についたコメントを読むことでニュースを深読みすることもできる。

つまりツイッターに流れてくるシェア記事に目を通すというのが水平的な使い方だとすれば、フェイスブックは垂直的なものということができる。情報取得において縦と横のバランスは重要だ。ツイッターとフェイスブックを情報取得ツールとして同時使用することで情報の縦と横を補完することができるのだ。

というわけであれほどディスっていたフェイスブックは、最近、頻繁に見るサイトの一つになった。フェイスブック疲れを起こしている人は、こういった使い方を試してみてはいかがでしょうか。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。