次の国はシンガポールにした

今年も残り3ヵ月余り。2016年には最低でも二カ国へ旅に出たいと考えていて、6月にはタイへ行ってきた。月日が残り少なくなってきたこともあり、もう一カ国をどこにするかと考えていたが、同じアジアのシンガポールへ行くことにした。

10月〜11月中旬ぐらいまでは予定が詰まっていて行けそうにないが、11月下旬にはひと息つけそうな雰囲気がある。なので早めに飛行機を取ってしまおうと色々と航空会社を調べ、関空発のLCCであるジェットスター航空を予約することにした。

期間は11月21日(月)〜11月25日(金)。ジェットスターのウェブで発着時刻を調べ決済画面へ進むうちに、せっかく行くのならもう一日早めて11月20日(日)からにしようかと思えてきた。その日の運行状況を見ると、11月21日(月)よりも無理のない時間帯でチケットを取れそうである。

そうして決済を終え確認メールを見返しGoogleカレンダーへ旅行の日程を入れようとその期間を見てみると、11月20日(日)に別の予定が入っていることに気づいた。2ヶ月先だから特に何もないだろうと確認しなかったが、その日はフォトマスター検定の試験があるんだった。去年3級を受けたので、今年は2級に挑戦してみようと思っていたのだ。

仕事と言うわけではないのですっぽかすことも可能だが、受験料の5,100円はすでに支払い済み。それに年に一回しか行われない試験なので、これをスルーすると次の受験まで一年待たされることになる。

これは失敗したなとジェットスター航空のウェブサイトで日時変更できないかチャットの相談窓口へ話しかけたら、あっさり変更画面へ案内してもらうことができた。しかし変更手数料として4,150円の支払いが発生すると出てきてしまった。

ここで2つの選択肢が立ちはだかる。日曜発にすればフォトマスター検定の5,100円+受験資格を失い、月曜発にすれば4,150円+シンガポール一日の滞在を失う。

まさに前門の虎、後門の狼という感じだが(使い方間違っている気がする)、迷った末に月曜発へ変更することにした。もう問題集も買っているし、ここは最初の予定通り試験を優先しようと思ったのだ。

しかし即日変更でも手数料が発生するとは世知辛い世の中である。ウェブでの決済は画面を確認するのも決済ボタンを押すのも自分。その結果もたらされる現象は当然のことながら自己責任となる。今更ながらウェブの操作は慎重に行おうと心へ誓った次第である。