記事数600でのPV数の発表

今日の投稿で記事数が600となる。節目のところでは毎回、プレビュー数の発表を行っているので、今回もそれについての投稿をしたいと思う。

実はプレビュー数ははっきりと低下傾向にある。一日平均プレビュー数のピークは今年3月の114だった。そこから徐々に下降していき、9月は現時点で67PVとなっている。去年9月の一日平均プレビューが66だったので、去年の水準にまで落ち込んでしまったこととなる。

月ごとの1日平均プレビュー数を見てみると、

3月 114PV
4月 84PV
5月 99PV
6月 93PV
7月 86PV
8月 70PV
9月(28日現在まで) 67PV

といった感じだ。はっきりと分かるのが、5〜6月くらいから減少を始め、それが底を打たないまま現在まで続いているということである。

例えば昨日のプレビュー数は53だった。これは去年の7月程度の水準である。こういう事態になると、この一年間コツコツ積み上げてきたのは何だったのかという寂しい気持ちにも少しはなる。

しかしこの原因ははっきりとわかっている。今年3月〜4月に掛けてウェブサイトのリニューアルを行なった。ブログに関してはデザインをよりシンプルにすっきりさせるとともに、「関連記事」「タグクラウド」「よく読まれている記事」などをなくし離脱率低減の要素を削ったことが原因の一つ。

なぜそうしたかと言えば(ここまで書いてきたことと矛盾するが)、プレビュー数を追いかけるのは特にやらなくていいかなと思ったからだった。そういった装飾を排除する分、テキストを読みやすくして、読んでみたいと思う人へストレートに届けたいと考えたのである。なので現在のようにプレビュー数が低下しているというのは、まあ狙い通りという面はある。ただ実際に減っていくのを見ると、「寂しいなー」とは思うのだけど。

もう一つの原因は、SEO対策で「金沢市」というワードを外したからである。以前のウェブサイトでは、「金沢市 デザイン事務所」という検索ワードに特化して対策を行なっていた。その結果、そのワードでの検索順位は常に3位以内にあり、検索からウェブサイトを開き、さらにブログへも流入するという流れができていたのだ。

しかし独立して5年が経ち、「もうそういう括りはいいかな」と思えてきた。基本的には場所を選ばず仕事ができる業種なので、金沢市以外の全国にクライアントが存在する。またデザインだけの仕事をしているわけではなくて、執筆や撮影、動画編集も行なっている。「金沢市 デザイン事務所」という括りが、自分にとって非常に窮屈なものとなってきたのだ。そうして検索ワードを外した結果、ウェブサイト自体のプレビューが減り、必然的にブログのプレビューも減少しているわけである。

改めて考えてみると現在の状況でブログのプレビュー数を上げたいのであれば、テキストの質を上げるしかないではないかということになる。これは自分にとって歓迎すべきチャレンジである。サイトへの流入や離脱防止の施策にかまけずに、プレーンなテキストだけでプレビュー数を上げられるものなのか。うーん、こうして文字に記してみると「いやーそれは厳しいっすね」と言いたくなってくるが、訪問してくれた人へ少しでも読み応えのあるものを届けられるよう、日々、鍛錬していきたい。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。