Apple Watchの便利な機能は、リマインダーとSiri

Apple Watch2が届いて今日で5日め。便利だと思うちょっとした機能を紹介しようと思う。

その一つはリマインダーだ。

リマインダーはiPhoneのオペレーションシステムであるiOS5から標準アプリとして搭載されているものだ。

そのApple Watch版もきちんと用意されていて、通知が来た際には「再通知」か「実行済み」かを選ぶことができる。さらにSiriを使えば新たなリマインドを設定することも可能となっている。

Siriについては後述するのでおいておくとして、このリマインダー機能がことのほか便利で助かっている。

iPhoneだけ使っていた際には今ひとついいと思わなかったので放置していたのだけど、Apple Watchを買ったことで試しに使ってみることにした。

すると優しく腕をタップしてくれる通知機能により、リマインドがスムーズに行われるようになったのだ。

例えば、今日郵便局へ行く用事があるとする。

仕事の合間、休憩がてら行くことにして15時にリマインドを設定する。するとその時間になればApple Watchが「コンコン」と腕を軽く叩いて知らせてくれるのだ。

ここまでならiPhoneでも代替可能だけど、車の運転中にはスマホをポケットに入れていることもある。その時にも腕に着けているApple Watchから気づくことができる。

リマインダーには「特定の場所で通知する」という機能もあるので郵便局近くに来たら知らせるよう設定することも可能となる。

これまでiPhoneでtodoリストのアプリを用いリマインドを行なっていたけれど、純正アプリとApple Watchとを組み合わせればかなり強力なツールになると感じた。

腕にガジェットを身につけていると「通知」によって生活がすごくスムーズになる感覚がある。

もう一つの便利な機能がSiriだ。

iPhoneでSiriを使っている人はどのくらいいるのだろう。僕は物珍しさで使用してみたものの、今ではまったく使っていない無用の長物となっている。それがApple Watchでは頻繁に使う便利ツールへ格上げした。

一番良く使うのはタイマー機能である。あと5分経ったら家を出ようとか、あと10分だけ本を読もうとか、タイマーを使う機会というのは思った以上にある。

その都度、iPhoneを起動してタイマーを掛けていたのだけど、Apple Watchであれば腕を向けて「Hey Siri 5分後に知らせて」と言えばそれでOK。すごく簡単。それだけで5分経ったら腕をタップして時間が来たことを教えてくれる。

リマインダーの設定も簡単である。先程の郵便局の例で言えば、「Hey Siri 15時に郵便局リマインド」と話しかければその項目のリマインドが設定される。

「なんて便利なんだろうか」と日々、感動している。Siriがこれだけ賢いのならすべて音声入力で済ましたくなってくる。iPhoneを起動し文字を打つのに比べ、Apple Watchへ話しかけて用事を済ませるというのは物理的にかなり楽なのだ。

GPS搭載や防水機能アップなど今回発売したApple Watch Series2から、アスリート寄りへスペックが底上げされた印象がある。

だけど、運動を熱心にやらずとも生活を快適にしてくれる機能はたくさんある。これからも毎日身につけて、もっと便利な使い方がないか探っていこうと思います。