自分の手元へ来たカメラ

30402312405_f87a9b374d_k

色々、奇妙なめぐり合わせがあり、ミラーレス一眼のSONY α7を譲り受けることになった。ミラーレス一眼を欲しいと思っていながらここまで引っ張り続けたのは、このカメラが自分のことを待っていたから、そんな風に思わざるを得ない。そんな不思議な体験だった。

α7は買おうと思っていたカメラの候補に入っていなかった。α7シリーズであれば、少なくともボディ内手ブレ補正がついたα7ⅱからが検討機種になったと思う。長く使うつもりであれば、がんばってα7Rⅱまでも視野に入れたい。でも僕を待っていたのは、そういった派生シリーズの源流である無印のα7だった。

昨日、このカメラを持って近所を散歩した。ミラーレス一眼ならではの電子ビューファインダーなど、初めて触る機能に新鮮な気持ちになりながら何枚か写真を撮った。

不思議なことにこのカメラを手にしてから、写真を撮りに行きたい気持ちが抑えられずにいる。家に帰ってからもこのカメラでまたすぐに出かけたい気分になっている。こういうソワソワしてくる感覚は、これまで持っていたどのカメラからも得られないことだった。

これから新しいカメラが登場するたび、スペック的にはどんどん見劣りしていくと思う。それでもこのカメラは大切に扱っていこう。機種をスイッチするため下取りへ出す、そのサイクルには乗せることができない。自分の手元へ残り続けるカメラになる。