いい話と悪い話は、どちらを先にするべきか

2016-11-01 13:31

30566047282_26a6a81558_k

いい話と悪い話をする場合、どちらを先にすべきでしょうか。

つい先日、2つのケースを同じ日に体験する機会がありました。自分の感覚ではいい話を先にして、その後に悪い話をされたほうがすんなりとその結果を受け入れることができました。

最初の人はまず悪い話を僕に話し、その後いい話をしてくれました。

そうすると悪い話の印象が頭に残ったままで、いい話がそれほど響かないんですね。「それとこれとは話が別」という風に認識して、受け答えをしました。

次の人は、いいことをまず僕に話しました。

そうすると少し気分が上がるので、その後に悪い話をされたところで「ああ、そうですか。いいですよ」とほぼ引っ掛かることなく受け入れました。

双方の話の重みは同じ程度です。このことを見て、話す事柄の順番が心理的に作用する部分は大きいと感じました。

誰かへあまり良くないことを話さなくてはならないときは、いい話を用意してそれを先に話すと着地しやすいのかもしれません。そういう機会があれば、試してみてください。


Category:生活

tags:



«
»